ユン・ソイ、新ドラマ「太陽の季節」ヒロインに抜擢…歪んだ三角関係を描く

TVREPORT |

写真=KBS 2TV「太陽の季節」
女優ユン・ソイがオ・チャンソクとチェ・ソンジェの愛を一身に受け、彼らを動かす強烈なキャラクターとしてカムバックする。愛する男のために死ぬ代わりに復讐を選ぶユン・シウォル役で、前作のキャラクターを忘れさせる強烈な存在感をアピールする予定だ。ユン・ソイがヒロインを務める「太陽の季節」が6月3日に初放送日を確定し、期待を高めている。

KBS 2TVの新しい毎日ドラマ「太陽の季節」 (脚本:イ・ウンジュ、演出:キム・ウォンヨン、制作:サムファネットウォークス)は20日、初放送日を6月3日に決めたことを伝え、劇中2人の男に愛される主人公ユン・シウォル役を務めるユン・ソイのスチールカットを公開した。

「左利きの妻」の後番組として放送される「太陽の季節」は、韓国の経済史とその流れを共にするヤンジグループをめぐる利己的な人間たちの激しい王座争いを描く。お互いを騙し、裏切るヤンジグループの“帝王の座”。それにより犠牲になったある男の悲劇的な復讐劇とロマンチックな成功談が盛り込まれる予定だ。

ユン・ソイが演じるユン・シウォルは、初恋の相手であるキム・ユウォル(オ・チャンソク)とヤンジグループの後継者チェ・グァンイル(チェ・ソンジェ)に愛される人物だ。中間階級の家庭で無難に育った彼女は優れたルックスに高い知能、人を捉える魅力まで備えている、愛するしかない女性だ。

公開された写真にはヤンジグループの秘書として徹底した仕事ぶりを見せるユン・シウォルと、初恋キム・ユウォルの愛を独り占めし、ヤンジグループの後継者チェ・グァンイルから花束をもらって驚く姿が盛り込まれており、注目を集めた。

ユン・シウォルはキム・ユウォルが養親に虐待されていた当時、彼のそばを見守りながら愛を育てた。キム・ユウォルが有能な会計士になって一流会計法人に就職するまでいつも彼を応援し、彼との幸せな家庭を夢見ている。

ヤンジグループ常務の秘書として働いていたユン・シウォルはグループの後継者チェ・グァンイルに愛されても少しも揺れなかったが、ある事件をきっかけにチェ・グァンイルを利用することになる。

前作「皇后の品格」では悪女を演じたユン・ソイは、「太陽の季節」では仮面を被った強烈なキャラクターでお茶の間を虜にすると期待されている。

「太陽の季節」側は「ユン・シウォルがどんな事件をきっかけに変わるのか、恨みを抱いた女の復讐をきちんと表現する予定だ。ドラマを見ていただくと、普通の三角関係とは一味変わっていることがわかると思う。多くの関心と期待をお願いしたい」と伝えた。

オ・チャンソク、ユン・ソイ、チェ・ソンジェが出演する「太陽の季節」は韓国にて6月3日に初放送される。

記者 : キム・カヨン