「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」キム・ドンウク、悪縁であるリュ・ドクファン&イ・サンイと再会

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」画面キャプチャー
キム・ドンウクが悪縁であるリュ・ドクファン、イ・サンイに再会した。

22日に韓国で放送されたMBC「特別勤労監督官チョ・ジャンプン」でジンガプ(キム・ドンウク)は、テス(イ・サンイ)がTSの新しい社長として赴任したことを知り、驚いた。

なぜなら、テスはジンカプの昔の弟子で、彼に暴力先生という濡れ衣を着せた絶対悪であるからだ。テギル(オ・デファン)が言った、「踏んではいけないもの」はテギル本人ではなく、その背後にあるミョンソングループだったのだ。

ジンカプはすぐにドッグ(キム・ギョンナム)のところに行き、「ミョンソンだった、合ってるよな?」と聞いた。ドックは「こいつが食っても、あいつが食っても、私達となんの関係があるんですか。サンドの問題も解決したし、お金ももらったし、それでいいんじゃないですか」とジンガプを慰めた。

ジンカプは「それが問題だ。ヤン・テスがやってきたから」と話した。

記者 : イ・ヘミ