イ・ジヌク&イ・ハナ主演「ボイス3」メイン予告映像を公開…目覚めた強烈なミステリー

TVREPORT |

写真=OCN
名作の帰還を知らせる「ボイス3」のメイン予告映像が電撃公開された。戻ってきたイ・ジヌク、イ・ハナとともに目覚めた強烈なミステリーが、視聴者の好奇心をくすぐった。

OCN新土日オリジナルドラマ「ボイス3」が、本日(20日)公開したメイン予告映像は、衝撃的なエンディングで幕を閉じたシーズン2に続く巨大なミステリーで始まる。「説明してください。8ヶ月間、一体何があったんですか?」というカン・グォンジュ(イ・ハナ)の切実な声がそれを物語っている。彼女が言った「8ヶ月」とは、何を意味しているだろうか。そして黒い水面上に目を開けたト・ガンウ(イ・ジヌク)は、「『オークションファーブル』というダークウェブがある。殺人犯たちの戦利品を売買するオークションだ」と言い、憎悪が飛び交うサイバー犯罪集団「ドクターファーブル」の背後にさらに巨大な悪が存在していることを予告し、緊張感を高めた。

それを証明するかのように、実体を把握できない仮面を被って登場した悪の存在。「憎悪は人を美しくする。止める者は、誰でも死ぬ」と警告している変調された声が鳥肌を立たせた。しかし、この人物の手首に刻まれている「覚める」というタトゥーが、ト・ガンウの手首にもあった。同じタトゥーをしている二人の関係は何か、あるいは二人は同一人物であるかもしれないという不安が、悪の本能が目覚めた刑事ト・ガンウへのミステリーを爆発させた。

暗闇が目覚め、カン・グォンジュとト・ガンウが死守すべきゴールデンタイムも再び始まった。体をしゃがんだまま「助けてください!」と言う被害者の切実な声が携帯電話の向こうまで届く前に、後ろに近づいた誰か。カン・グォンジュが「セヨン!」と叫んだが、電話はすでに高い悲鳴とともに切られていた。音に集中するカン・グォンジュと犯人を追撃するト・ガンウ。二人は命をかけた現場での死闘でゴールデンタイム内に被害者を助けることができるのだろうか。

制作陣は「本日(20日)公開されたメイン予告映像では、ボイスプロファイラーのカン・グォンジュと刑事ト・ガンウが迫るさらに巨大になった悪の存在と二人が死守しなければならないゴールデンタイム、そして悪の本能が目醒めた刑事ト・ガンウの深化したミステリーが描かれている」と紹介し、「『ボイス3』では互いに無関係に見える欠片たちが接点を見つけ、改めて劇的なカタルシスを届ける予定だ」と伝えて近づいた放送スタートへの期待を高めた。

覚めた暗闇、ゴールデンタイムは終わっていない。さらに強力になった「ボイス3」は、「ビューティー・インサイド」「トンネル」のナム・ギフン監督が演出を担当し、マ・ジンウォン脚本家がシーズン1、シーズン2に続いて執筆を務める。5月11日(土)午後10時20分にOCNで第1話が放送される。

記者 : シン・ナラ