「ただ、一つだけの愛」INFINITE エルのスチールカットを公開…トラブルメーカーの天使に変身

Newsen |

写真=KBS 2TV「ただ、一つだけの愛」
INFINITEのエルがいたずら好きな天使になった。

5月に韓国で放送がスタートするKBS 2TVの新水木ドラマ「ただ、一つだけの愛」(脚本:チェ・ユンギョ、演出:イ・ジョンソプ、制作:ビクトリー・コンテンツ、モンスターユニオン)は、愛を信じないバレリーナのイ・ヨンソ(シン・ヘソン)と楽天主義でトラブルメーカーの天使ダン(INFINITE エル)のストーリーを描く、予測不能なファンタスティックロマンスだ。天使というファンタジーな題材はもちろん、お茶の間ではなかなか見ることのできなかった“バレエ”を本格的に扱う予定で、視聴者の期待を高めている。

エルはこのドラマで天使ダンに扮し、初めてファンタジー恋愛ドラマにチャレンジする。これまで多数の作品に出演し、俳優として着実に成長してきたエルであるだけに、今回はどのような魅力と成長を見せてくれるのか、期待が高まっている。

そして本日(16日)、「ただ、一つだけの愛」の制作陣はトラブルメーカーの天使ダンに扮したエルのスチールカットを初めて公開した。劇中でダンは、天に戻るためにイ・ヨンソ(シン・ヘソン)の恋のキューピッドになるという任務を引き受ける。

公開された写真の中でエルは、天使を象徴する純白の衣装を着ている。白い羽のペンで日誌を書く天使の一日は非常に忙しそうに見えるが、忙しい中でも無垢に笑っているエルの姿は、ダンの楽天的な性格をそのまま表している。“天使”というキャラクターとの驚きのシンクロぶりを期待させるエルのビジュアルが今回のスチールカットを通して確認することができる。

劇中でダンはいたずら好きなトラブルメーカーの天使だ。地上に舞い降りた天使のダンはすべての生命を大切にし、愛する姿で視聴者の心を和ませる予定だ。

「ただ、一つだけの愛」の制作陣は「エルが天使ダンのキャラクターと完璧なシンクロ率を見せている。台本の読み合わせの時から自身の役柄に特別な情熱を見せ、制作陣は感嘆した。俳優エルの新しい魅力を見つけることができると思う。心温かい天使ダンになったエルの活躍を楽しみにしながら、『ただ、一つだけの愛』を待っていてほしい」と伝えた。

KBS 2TVの新水木ドラマ「ただ、一つだけの愛」は「快刀ホン・ギルトン」「製パン王キム・タック」「ヒーラー」「町の弁護士チョ・ドゥルホ1」「七日の王妃」など多数のヒット作を誕生させたイ・ジョンソププロデューサーの次回作として期待を集めている。

「ただ、一つだけの愛」は、韓国で5月に放送がスタートする。

記者 : ファン・ヘジン