女優カン・ハンナ、専属契約をめぐる対立の末…事務所と和解「今後もファンタジオと活動を共にする」

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
女優カン・ハンナがファンタジオ(Fantagio)に復帰し、活動を再開する。

専属契約をめぐって所属事務所ファンタジオと対立を続けてきたカン・ハンナは先月22日、大韓商事仲裁院からファンタジオとの専属契約が有効だという判定を受けた。その後、カン・ハンナとファンタジオは数回話し合いを行い、今までの誤解を解いた。そして今後の活動及び発展的な方向に対する議論を経て、円満に合意に至った。

カン・ハンナは「これまでファンタジオとファンの皆さんにご心配をおかけしまして、申し訳ございませんでした。最近、話し合いを通じてお互いの立場の差と疎通不足による誤解を解きました。ファンタジオの理解と配慮に感謝し、今後も良い活動で報います」と伝えた。

ファンタジオも「当社は過ぎたことに対して責任を問うより、カン・ハンナの今後の活動に焦点を合わせて信頼回復に努力します。これからも持続的なコミュニケーションを通じてより精力的な活動を繰り広げられるように、応援と支援を惜しまないつもりです」と明かした。

カン・ハンナは今後もファンタジオで活動を続けることになった。

“事務所と対立”カン・ハンナ、ファンタジオとの専属契約が有効判定…「不公正性は認められない」

“事務所と対立”カン・ハンナ、新生会社とエイジェンシー契約を締結…「プロジェクトごとに業務委託」

女優カン・ハンナ、所属事務所ファンタジオと対立…「一方的に契約解除を通知、法的に対応する」

記者 : パク・グィイム