NU'EST、新曲「歌のタイトル」が発売と同時に音楽配信チャートで1位に!…成功的なカムバック

OSEN |

写真=PLEDISエンターテインメント
NU'ESTが新曲「歌のタイトル」発売と同時に、音楽配信チャートトップにランクインした。

NU'ESTは昨日(15日)午後6時、各種オンライン音楽配信サイトを通して、スペシャルデジタルシングル「歌のタイトル」を発売し、一気に韓国国内の主要オンライン音楽配信サイトの音源チャートでトップにランクインした。今回のシングルは、デビュー7周年を迎えて約3年ぶりに披露した完全体の曲で、成功的なカムバックを知らせた。

NU'ESTの新曲「歌のタイトル」は音源公開の後、Soribada、NAVER MUSIC、Bugs!、Mnetの4つの音源チャートで、リアルタイムチャート1位を記録した。他にもgenie、MelOnなど、様々な音源サイトのリアルタイムチャートで最上位圏を占めるなど、強力な音源強者の一面を誇った。

また今回、新曲の発売前からポータルサイトのリアルタイム検索語には「NU'EST」というキーワードが登場し、短時間で上位圏にランクされるという驚くべき波及力を見せたNU'EST。彼らの完全体カムバックを長い間待ってきた大衆の高い期待を垣間見ることができる。

それだけでなく、NU'ESTは昨日(15日)午後10時、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」の公式チャンネルを通して、デビュー7周年を祝うパーティーを開催した。約1時間にわたって新曲「歌のタイトル」に関するビハインドエピソードや、開催が近づいているコンサートの話まで、多彩なトークを披露し、1億1千万に達するハート数と36万人を超える同時視聴者数を記録し、独歩的な人気をアピールした。

発売と同時に大衆の関心が寄せられている新曲「歌のタイトル」は、NU'ESTがデビュー7周年を迎えて、長い時間の間そばにいてくれた人々への感謝の気持ちを歌詞に込めた、ミディアムテンポのR&Bバラード曲だ。一層成熟したNU'ESTのボイスと出会ったことで、深い深みを持たせており、人々を魅了している。

またNU'ESTは4月12日から14日まで、ソウル松坡(ソンパ)区芳夷洞(バンイドン)のオリンピックホール体操競技場(KSPO DOME)で単独コンサート「Segno」を開催する。

記者 : チャン・ジンリ