BIGBANGのV.Iの騒動の被害に…FTISLAND イ・ホンギ&Highlight ヨン・ジュンヒョン&カン・ダニエル、関与疑惑を即否定

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
BIGBANGのV.Iをめぐる各種議論が広がる中、彼と親しい芸能人たちにも関心が集中している。Highlightのヨン・ジュンヒョン、FTISLANDのイ・ホンギ、Wanna One出身カン・ダニエルが悔しい状況に置かれ、公式立場まで発表する事態となった。

先立って11日、SBS「8ニュース」は、違法に撮影された映像が流布されたV.Iのカカオトーク(モバイルメッセンジャー)のグループチャットについて報道した。このグループチャットのメンバーで、歌手チョン・ジュニョンの実名が報道されて衝撃が走った中、他にも「歌手の○○」と書かれており、波紋がさらに大きく広がった。

これを受けて、V.Iとチョン・ジュニョンの親しい友人として知られている芸能人たちが言及され、ついにはHighlightのヨン・ジュンヒョンの実名まで挙がった。

ヨン・ジュンヒョンの所属事務所Around USは、この論議に直ちに公式立場を発表し、噂を一蹴した。「ヨン・ジュンヒョンは、いかなる違法動画の撮影と流布と関係がない。またヨン・ジュンヒョンは、チョン・ジュニョンさんの違法撮影動画が共有された、そのいくつかのグループチャットにもいたことがない。チョン・ジュニョンさんとそのあらゆる単一のチャットにもいたことがないと確認した」と線を引いて、「ニュースで公開された仮想のグループチャットの画面と関連しては、SBSニュースに真偽を確認する予定だ」と強硬対応を予告した。

それだけでなく、ヨン・ジュンヒョンは直接コメントして否定した。「前後の状況を排除して、寄せ集めて報道された内容は全く事実ではない」ときっぱりと否定した。

写真=MBC「セクションTV芸能通信」放送画面キャプチャー
またWanna One出身カン・ダニエルの名前が挙がったことにより、法律代理人が立場を明らかにした。カン・ダニエルの法律代理人ソン・ジョンムン弁護士は11日、MBC「セクションTV芸能通信」に「別途にV.Iさんに会ったり、クラブ・バーニングサンに行ったことは全くない」とし「デマの内容を確認している。今後整理され次第、法的措置などの必要なすべてのアクションをとる」と述べた。

加えてFTISLANDのイ・ホンギは噂に対して間接的に立場を伝え、ファンを安心させた。彼は本日(12日)未明、自身のカカオトークのチャットルームにサプライズで登場して、ファンとコミュニケーションし、「起きたら大騒ぎになっていた。心配しないで」とメッセージを残した。

その後彼は自身のInstagramを通じて「生ラーメンとビール。みんな良い夜を」と書き込み、いつもと変わらない平穏な日常を伝えた。

BIGBANGのV.I、突然の引退宣言…インスタ投稿に衝撃「YGとグループの名誉のため」

BIGBANGのV.I、性行為の盗撮疑惑まで浮上?…グループチャットにいた芸能人2名を警察が追加調査

記者 : キム・ナラ