Wanna One出身ペ・ジニョン、高校を卒業「お父さんとお酒を飲んでみたい」

MYDAILY |

Wanna One出身のペ・ジニョンが卒業し、活発な活動を予告した。

ペ・ジニョンは12日、ソウル中(チュン)区にあるリラアート高等学校の卒業式に出席した。この日、現場にはペ・ジニョンを見るために多くのファンと取材陣が集まった。

ペ・ジニョンは2017年、ケーブルチャンネルMnet「プロデュース101」シーズン2でC9エンターテインメントの練習生として参加し、最終テビューチーム11人に抜擢された。

Wanna Oneに合流したペ・ジニョンは今年1月に開催した最後のコンサートまで、1年6ヶ月間の活動を終え、ソロ活動を予告した。

ペ・ジニョンはマイデイリーに「さっぱりした気持ちもするけれど、残念でもある。学校に通っが、友達との思い出が少なくて残念にも思われる。二十歳になっても今のように変わらず一生懸命頑張る。ファンのために、恩返しする姿を見せる」と伝えた。

彼は成人になったら一番やりたいこととして「運転免許を取りたい」と話した。続いて「お父さんと一緒にお酒を飲んでみたい」と伝えた。

Wanna Oneのメンバーたちがソロ及び演技活動、チームへの合流など続々と活動を予告しているだけに、ペ・ジニョンの今後の活動に対する期待も高い。現在まで具体的な活動計画については明かさなかったが、ペ・ジニョンはファンに近いうちに会うと約束した。

「ファンの方々が心配してくれて、待ってくれているようです。ファンの方々に恩返しするペ・ジニョンになるので、心配しないで少しだけ待っていてください。すぐに戻ってきますので、僕を信じて待っていてください」

記者 : ミョン・ヒスク、写真 : クァク・ギョンフン