防弾少年団「第28回ソウル歌謡大賞」大賞受賞で3冠達成…“僕たちも皆さんのファン”(総合)

TVREPORT |

防弾少年団が「ソウル歌謡大賞」で大賞を受賞し、3冠を達成した。

15日、「第28回ソウル歌謡大賞」がソウル市高尺(コチョク)スカイドームで開かれた。シン・ドンヨプ、SUPER JUNIORのヒチョル、女優キム・ソヒョンがMCを務め、KBS JOYで生中継された。

この日、本賞を受賞したのは計12チーム。MONSTA X、MOMOLAND、NCT 127、iKON、Wanna One、NU'EST W、防弾少年団、Red Velvet、MAMAMOO、SEVENTEEN、TWICE、EXOが本賞を受賞した。

写真=「第28回ソウル歌謡大賞」放送画面キャプチャー
特に、“ワールドスター”防弾少年団は「最高アルバム賞」に続き「大賞」まで、3冠を達成した。予想通り、最後のステージは防弾少年団が飾った。授賞式ではこれまでの防弾少年団の歴史を振り返り、防弾少年団がどのようにワールドスターに浮上したのか、若者にとって希望の歌手になったことを紹介した。

最後に大賞を受賞した後、防弾少年団は「2年連続で大きな賞をいただき、ありがとうございます」と感想を伝えた。特にファンに「僕たちも皆さんのファンです」と言い、「たくさんのインスピレーションをありがとう」と伝えた。防弾少年団はまた、現在アルバムを準備していると明かし、今年の活躍も期待させた。

また「恋をした」で国民的な人気を博したiKONも「最高音源賞」を受賞し、2冠を達成した。EXOも韓流スター賞で2冠を達成したが、この日は参加しなかった。

写真=「第28回ソウル歌謡大賞」放送画面キャプチャー
Wanna Oneはこの日、公式的に最後のステージを披露した。Wanna Oneは「どんなに遠くに離れていても、今のようにお互いを信じれば、いつもあなたとここ、この場所に“永遠”という文字のように一緒にとどまる」「また会おう」というメッセージを伝え、感動を与えた。

また、バンド春夏秋冬のメンバーだった故チョン・テグァンさんを追悼する時間も持った。春夏秋冬は昨年の「ソウル歌謡大賞」で審査委員特別賞を受賞した。「ソウル歌謡大賞」側は「彼がドラマーとして残した全ての痕跡を永遠に忘れません」と追悼のメッセージを伝えた。

「第28回ソウル歌謡大賞」受賞者リスト

◆大賞:防弾少年団

◆最高音源賞:iKON

◆最高アルバム賞:防弾少年団

◆本賞:MONSTA X、MOMOLAND、NCT 127、iKON、Wanna One、NU'EST W、防弾少年団、Red Velvet、MAMAMOO、SEVENTEEN、TWICE、EXO(計12チーム)

◆新人賞:Stary Kids、IZ*ONE

◆韓流スター賞:EXO

◆人気賞:SHINee

◆今年の発見賞:ヤン・ダイル

◆ベストパフォーマンス賞:GFRIEND

◆バラード部門賞:イム・チャンジョン

◆ヒップホップ R&B部門賞:Tiger JK

◆バンド部門賞:Crying Nut

◆審査委員特別賞:ADOY

記者 : ソン・ヒョジョン