ハン・ジミン、映画「国家破産の日」に特別出演…キム・ヘスと抜群の相性を見せる

TVREPORT |

写真=映画「国家破産の日」スチール
俳優ハン・ジミンが映画「国家破産の日」(監督:チェ・グクヒ)特別出演で注目を集めている。

「国家破産の日」は国家破産までに残っている時間一週間のなかで、危機を防ごうとする人、会社と家族を守ろうとする平凡な人まで、1997年IMF危機の中で、お互い異なる選択をした人たちの物語を描いた作品だ。

今年10月に公開された映画「ミス・ペク」での強烈な演技で「第39回青龍(チョンリョン)映画賞」で女優主演賞を受賞し、注目を集めている俳優ハン・ジミンが「国家破産の日」に特別出演し、深い印象を残している。

ハン・ジミンは経済専門家の“ハン・シヒョン”(キム・ヘス)を訪れ、助けを求める“イ・アラム”役でサプライズ登場し、しっかりとした魅力で観客たちの視線をひきつける。それだけでなく、キム・ヘスとの特別な掛け合いで短い出演でも強い存在感を残し、映画の面白さと余韻を倍増させている。

記者 : キム・スジョン