ハ・ジョンウ&ハ・ジウォン出演「いつか家族に」12月22日より日本公開決定…本編映像公開

KSTYLE |

© 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & DHUTA. All Rights Reserved 
「1987、ある闘いの真実」のハ・ジョンウ主演「いつか家族に」(配給:ファインフィルムズ)を12月22日(土)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて公開される。

監督・主演は、「1987、ある闘いの真実」など、韓国映画界第一線で活躍するハ・ジョンウ。美しい妻オンナンには「マンハント」、「奇皇后」のハ・ジウォン。「お嬢さん」のあと、本国で「毒戦(原題)」「工作(原題)」など注目作への出演が続く名バイプレイヤーのチョ・ジヌン、活動を再開した人気女優「コーヒープリンス一号店」のユン・ウネなど、韓国人気俳優陣が集結した。原作は中国の作家、余華の「血を売る男」(河出書房新社)。出版されるや中国で大ベストセラーとなった。

© 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & DHUTA. All Rights Reserved 
監督・主演を務めるハ・ジョンウは「小説を読んで、すぐこの作品と主人公に魅了された。主人公のサムグァンは、そう見えなくても内心では、家族を世界中の何よりも愛しているんだ。この芯を演技に反映させるよう心掛けた」と語る。

今回解禁された本編映像は、現場仕事の男どもの元にポップコーン売りのオンナン(ハ・ジウォン)が現れるシーンから始まる。「ポップコーンはいかが?」と声をかけながら歩いてくるオンナンの美しさ、可憐さに人々も自然と道を開けてゆく。男どもはたちまち笑顔になり、我先にとポップコーンを求め始め、「味よし、体によし、ポップコーン!」という謎の掛け声まで披露し、彼女の気を引こうと努力する。

© 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & DHUTA. All Rights Reserved 
ホ・サムグァン(ハ・ジョンウ)といえば顔をほころばせるでも声をかけるでもなく、ただただ真剣にオンナンを見つめるのみ。完全に心を奪われしまった様子だ。のちに夫婦となるこの二人、いったいどうやって結ばれるのか……? まだ観ぬ本編への期待が膨らむ1分間だ。



■作品情報
「いつか家族に」
監督:ハ・ジョンウ
出演:ハ・ジョンウ「1987、ある闘いの真実」、ハ・ジウォン「マンハント」、チョ・ジヌン「お嬢さん」、ユン・ウネ「コーヒープリンス1号店」
2015/韓国/韓国語/124分 原題허삼관 英題Chronicle of a Blood merchant 原作「血を売る男」余華(河出書房新社)
配給:ファインフィルムズ
© 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & DHUTA. All Rights Reserved 

【ストーリー】1953年、朝鮮戦争の直後。現場仕事で生計を立てるサムグァン(ハ・ジョンウ)は、ポップコーン売りの美しいオンナン(ハ・ジウォン)に一目ぼれし、彼女には羽振りのいい恋人がいると知りながらもプロポーズする。オンナンの父親を説得し、結ばれた2人。利発な長男をはじめ3人の子宝にも恵まれ、貧しいながらも幸せに暮らしていたが、11年間育てた息子が他人の子ではないかという噂が流れ……。

■関連サイト
公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/kazoku/

記者 : Kstyle編集部