gugudan ミナ、ドラマ「鶏龍仙女伝」で虎&猫に変身…感情変化を繊細に表現

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN放送画面キャプチャー
「鶏龍(ケリョン)仙女伝」に出演中のgugudan ミナが、人間から虎まで立体的なキャラクターを様々な表情で演じ、魅力をアピールした。

劇中ミナが演じるチョムスンは人間と猫、虎を行き来する独特な設定のキャラクターだ。

何度も生まれ変わった人物で、母親の前では堂々としているが世間知らずの純真な魅力を持つキャラクターだ。

ミナは完璧でスマートな男チョン・イヒョン(ユン・ヒョンミン)から永遠な心の友キム・グム(ソ・ジフン)、そして自身に近づいてきた怪しい人物オム・ギョンスル(ユ・ジョンウ)などによって寂しかった人生で突然の変化を感じるチョムスンの感情変化を繊細に表現している。

記者 : キム・プルリップ