BIGBANGのV.Iのクラブで「超高級1000万セット」を初注文…話題の人物“ヘミネム”に関心集中

MYDAILY |

写真=チャンネルA「風の便りに聞きましたけど!?」放送画面キャプチャー
韓国で話題を集めている“ヘミネム”が再び注目を受けている。

最近韓国で放送された総合編成チャンネル・チャンネルA「風の便りに聞きましたけど!?」では、一時リアルタイム検索ワードを席巻したクラバー“ヘミネム”の正体について公開された。

いわゆる“ヘミネム”は、ある江南(カンナム)のクラブでお金をばら撒いて注目された。これに芸能部記者は「ヘミネムが有名になったのは、BIGBANGのV.Iと関連がある」と伝え、好奇心を刺激した。

UntouchableのSleepyは「V.Iが“スンツビー(V.Iの韓国活動名スンリ+ギャツビー)”と呼ばれるほど、事業が成功しただろう。財力がある人同士で親しくなったのだろう」と推測し、記者は「V.Iが運営する江南のクラブがあるが、若者たちの間では有名だ。特にヘミネムはV.Iのクラブで『1億ウォン(約1004万円)セット』を韓国で最初に購買して話題を集めた」と伝えた。

続いて記者は「しかし彼が今回、本人の記録を更新した。なんと2億5千万ウォン(約2512万円)もする高価なシャンパンをアジアで最初に開けたという」と付け加え、スタジオを驚かせた。

またあるクラバーは「ヘミネムは“人間ATM”だ。普段から、クラブに行ったら1億ウォンぐらい使う。お酒でシャワーを浴びる」と話し、江南クラブの現職マネージャーは「仮想通貨でお金を稼いだという。そのように稼いだお金で建物を購買し、海外で事業をしている」と伝えた。

記者 : ホ・ビョルヒ