EXO ディオ、吸い込まれそうな深い眼差し…シックな魅力のグラビア公開

TVREPORT |

写真=「Allure」
映画「スイングキッズ」に出演したEXO ディオのグラビアが公開された。

「スイングキッズ」は、1951年の巨済島(コジェド)捕虜収容所を舞台に、ダンスに対する情熱で集まった寄せ集めのダンスチーム“スイングキッズ”の、心躍るストーリーを描いた映画だ。「過速スキャンダル」(824万人)、「サニー 永遠の仲間たち」(736万人)を通じて音楽を活用した感覚的演出力と愉快で温かいドラマで観客と共通認識を形成しながら愛されてきたカン・ヒョンチョル監督の新作だ。

公開されたマガジン「Allure」の表紙は、「スイングキッズ」で偶然見たタップダンスにハマった収容所最高のトラブルメーカーロ・ギス役を務め、絶頂の演技力で人生最高のキャラクターを披露するディオの多彩な魅力で視線を集中させる。冬の雰囲気が漂う衣装を自身だけの魅力で完璧に着こなしたディオはみんなの心を捉える深い眼差しで強い印象を残す。自然なヘアスタイルはシックな魅力をもっと高め、白黒で撮影されたグラビアカットでは端正な雰囲気で風代わりな魅力を披露する。

見る人を一気に吸い込む感情と眼差しで視線を捉えるディオのグラビアは、より成熟した演技で魅力を伝えながら、「スイングキッズ」を通じてみせる新しいキャラクター変身に対する期待を高める。

このようにディオの特別な魅力が盛り込まれた「Allure」12月号の表紙が公開され、映画に対する期待感をさらに高める。「スイングキッズ」は笑いと感動で今冬観客を虜にする見通しだ。

「スイングキッズ」は12月19日に韓国で公開される。

記者 : キム・スジョン