“9月に韓国デビュー”公園少女、日本初イベントが11月17日&18日に決定!観覧無料のミニライブを開催

KSTYLE |

2018年9月に韓国デビューした公園少女の、初来日プロモーションイベントの詳細が決定した。

公園少女は、デビュー3日目にしてオンライン音盤サイト「シンナラレコード」リアルタイム音盤発売チャートで1位を獲得するなど、日本でも耳の早いK-POPファンを中心に話題となっているガールズグループ。韓国人気番組「プロデュース101」に出演したソギョン、ガールクラッシュなビジュアルが話題の日本人メンバーミヤなど、韓国・日本・台湾出身の7人のメンバーで構成された多国籍グループである。

イベントではミニライブと特典会が実施され、会場の1つとなる「HMV&BOOKS SHIBUYA」での開催は、渋谷モディ1Fの店頭プラザ 特設ステージにて開催する“HMV&BOOKS SHIBUYA オープン3周年記念イベント”としての開催となる。

韓国のみならず、日本でもすでに話題の彼女たちのレアな来日イベントをお見逃しなく。

■イベント概要
「公園少女」来日プロモーションイベント
<大阪会場>
2018年11月17日(土)16:30~
HMV&BOOKS SHINSAIBASHI(心斎橋オーパ 8F)
※物販開始時間 11:00
<東京会場>
2018年11月18日(日)①12:00~ ②回目 16:00~ ※1日2回
HMV&BOOKS SHIBUYA(渋谷モディ 1F <店頭プラザ>特設ステージ)
※物販開始時間 ①10:00~(1部 12:00の回分) ②15:00~(2部 16:00の回分)

○内容
ミニライブ&特典会(全員サイン会&ハイタッチ会)

○ミニライブ参加方法
イベント当日会場にて、物販販売開始時間より先着で、対象商品1点購入いただいたお客さまに「ミニライブ優先入場券」を1枚配布いたします。

※ ミニライブの観覧はフリーですが「ミニライブ優先入場券」をお持ちの方が先にご入場いただけます。
※ 「ミニライブ優先入場券」をお持ちの方のご入場が終了次第、フリーエリアを解放しますが混雑状況によってはご覧頂けない場合がございます。
※ 「ミニライブ優先入場券」は対象商品を複数枚購入頂いても1会計1枚の配布となります。なお整理番号はランダムでの配布となります。
※「ミニライブ優先入場券」には上限枚数がございます。なくなり次第終了となります。
※「ミニライブ優先入場券」には、集合場所・集合時間を記載してありますので必ずご確認ください。集合時間に集合場所にいらっしゃらない場合は「ミニライブ優先入場券」を無効とさせていただきます。

○特典会参加方法
イベント当日会場にて、物販販売開始時間より先着で、対象商品のご購入に応じた特典券を配布いたします。

※ 全員サイン会参加券は対象商品を複数購入頂いても1会計1枚の配布となります。
※ 対象商品の購入制限は設けていませんが、当日状況によりお一人さまあたりの購入制限を設けさせていただく場合がございます。
※各特典券には上限枚数がございます。なくなり次第終了となります。

○対象商品
1.公園少女 デビューアルバム「夜の公園 part one」(輸入盤):2,200円(税込)
2.公式パスケース+フォトカード:2,000円(税込)
3.公式スローガン+ランダムフォトカード:1,500円(税込)

<特典券配布に関して>
1.2.同時購入…全員サイン会参加券1枚
1.2.3.いずれか1枚購入…ハイタッチ会参加券1枚配布
※ご購入後の券の変更・交換・キャンセルはできません。

特典券配布例
・対象商品1.+2.を購入=全員サイン会参加券1枚+<先着にて>ミニライブ優先入場券1枚
・対象商品1.または2.または3.を購入=ハイタッチ会参加券1枚+<先着にて>ミニライブ優先入場券1枚

※商品ラインナップ・仕様・価格などが変更になる場合がございます。
※商品のお取り置き、お取り寄せなどは承ることができませんのでご了承ください。
※商品は数に限りがございます。ご来店いただいた際に在庫がない場合もございます。

○物販販売場所/時間
<大阪会場>
HMV&BOOKS SHINSAIBASHI
2018年11月17日(土)11:00~
<東京会場>
渋谷モディ 1F <店頭プラザ> 特設レジ
2018年11月18日(日)①10:00~(1部 12:00の回分) ②15:00~(2部 16:00の回分)

■関連サイト
HMV&BOOKS SHINSAIBASHI イベントページ:https://www.hmv.co.jp/store/event/35846/
HMV&BOOKS SHIBUYA イベントページ:https://www.hmv.co.jp/store/event/35845/

記者 : Kstyle編集部