イ・チョンア、松重豊を参考に役作り?「『孤独のグルメ』の撮影で…」

MYDAILY |

女優イ・チョンアが、モクバンドラマ(おいしそうに食べるドラマ)の主演に抜擢され、日本ドラマ「孤独のグルメ」の主演俳優・松重豊のインタビューを参考にしたと伝えた。

最近、ソウル麻浦(マポ)区スタンフォードホテルソウルにて開催された、ケーブルチャンネルMBC every1ドラマ「甘辛オフィス」の制作発表会には、女優イ・チョンア、ソン・ジェヒ、ソン・ウォンソク、演出のイ・ヒョンジュプロデューサーなどが参加した。

イ・チョンアは、今回の作品の撮影に先立って「孤独のグルメ」の主演俳優・松重豊のインタビューを見たと伝え「(松重豊さんが)『一番大きなおかずは空腹だ』と話していた。何も食べずに撮影に入るという話を聞いて、私も何も食べずに挑んだら、撮影により集中することができた」と、話しながら笑った。そして「『カット』と言われたにも関わらず、私が食べ続けていたので『いい加減にして』と言われた」と告白した。

「私は好きな料理を食べる時と、そうではない時の眼差しが違うらしい」と話したイ・チョンアは、ドラマの撮影中、一番美味しく食べた料理として「普段から、材料自体の味を生かした料理が好きだが、撮影中に訪れたフランスの家庭料理がとても美味しかった。作品が終わったら、また訪問したい」と伝えた。

「甘辛オフィス」は「30代の独身女性が職場で経験する、彼女の仕事と愛にまつわるストーリーを、料理と共に紡ぎ出す『社会人グルメ探訪記ドラマ』だ」と、制作陣は説明した。日本のメディア会社クロックワークス(KLOCKWORX)に先販売されて期待感を集めている。

韓国で28日午後8時50分より放送がスタートした。

記者 : イ・スンロク、写真 : ユ・ジニョン