THE BOYZ、ASICSの広告モデルに抜擢!デビュー半年で3社目のCM起用…人気を証明

OSEN |

写真=CRACKERエンターテインメント
新人ボーイズグループTHE BOYZが、デビュー半年でCM界の“3連続ホームラン”を記録した。

THE BOYZの所属事務所CRACKERエンターテインメントは4日、「THE BOYZが有名スポーツパフォーマンスブランドASICS Korea(代表取締役:キム・ジョンフン)の2018年下半期の広告モデルに抜擢され、CM撮影と共にさまざまなキャンペーンのコラボに参加する」と明らかにした。

これでTHE BOYZはデビュー7ヶ月ぶりに制服、コスメブランドに続き、売れっ子スターたちが採用されるという有名スポーツブランドの広告モデルにまで席巻し、彼らに対するCM界の関心の高さを証明した。デビュー前から始まったTHE BOYZに対するCM界のラブコールが現在まで続いている中、新しい“世代交代”を予告している“怪物新人”THE BOYZに対する音楽界の関心がますます高くなっている。

ASICS Korea側は「THE BOYZの明るく新鮮なエネルギーとASICSが求めるブランドイメージが完璧に一致すると判断し、ASICSの新しい顔として参加してもらうことになった」とモデル抜擢の背景を明かした。また、「イケメンボーイズグループTHE BOYZと、ブランドへの強力なビジュアル的な相乗効果が期待される。下半期THE BOYZが参加するさまざまなキャンペーン、プロモーションを通じて消費者にさらに親しみやすいブランドになる」と期待や計画を伝えた。

その第一歩としてASICS側は韓国初のALS(筋萎縮性側索硬化症)病院建設のための「2018アイス・バケツ・チャレンジ」キャンペーンにTHE BOYZをサプライズ指名し、有意義な寄付活動に参加した。ASICSのキム・ジョンフン代表の指名を受けたTHE BOYZは12日、メンバー全員が氷水を浴びてキャンペーンに参加する映像を公式SNSなどに掲載し、このブランドと共に寄付の意向を表した。

2017年12月、デビュー曲「Boy」で華やかなデビューを告げたTHE BOYZは、4月に新曲「Giddy Up」でカムバックし、HANTEOアルバムチャート1位はもちろん、音楽番組1位候補にランクインするなど、デビューしたばかりの新人としては異例の成果を上げた。

THE BOYZは、BLOCK Bのパクキョンがプロデュースを務める新デジタルシングルの準備に取り掛かっている中、メンバーのソヌがtvN教育バラエティ「私の数学思春期」でバラエティ活動を続け、ケビン、ジェイコブがアリランTV「Simply K-POP」のMCとして活躍するなど、あらゆる分野で精力的にソロ活動も展開している。

記者 : イ・ソダム