防弾少年団「人気歌謡」でトリプルクラウン達成!“12冠に”

TVREPORT |

防弾少年団が「人気歌謡」6月第2週目の1位を手に入れた。

韓国で10日に放送されたSBS「人気歌謡」では、防弾少年団の「FAKE LOVE」、AOAの「BINGLE BANGLE」、赤頰思春期の「旅行」が1位候補にノミネートされた。

1位のトロフィーを手に入れた防弾少年団は「人気歌謡」トリプルクラウン(3週連続1位)を達成し、グローバルなアイドルとしての威厳を誇った。これまで獲得したトロフィーは12冠となった。

「FAKE LOVE」は運命だと思った愛が嘘だったことに気づく暗く悲しい感性が極大化された曲で、防弾少年団の率直な感性を表現した。

写真=SBS
この日、視線を捉えたのはWanna Oneのカムバックステージだった。Wanna Oneは洗練されたステージマナーで「Light」のステージを、Wanna OneのユニットLean on meは感性溢れる「永遠+1」のステージを披露した。

Wonder Girls解散後、ソロとしてカムバックしたユビンの成熟なステージも視線を引きつけた。ユビンは「淑女」という曲でラップよりボーカルに焦点を合わせた成熟なステージマナーを見せた。

この他にも、ONFとACEのカムバックステージも視線を捉えた。

この日の「人気歌謡」にはWanna One、ユビン、SHINee、防弾少年団、AOA、VICTON、CROSSGENE、DREAMCATCHER、ONF、PRISTINE V、The East Light、Samuel、ACE、KHANなどが出演した。

記者 : シン・ナラ