チャン・グンソク、アイス・バケツ・チャレンジに参加&寄付…世界中のファンから応援殺到(動画あり)

OSEN |

写真=チャン・グンソク Instagram
俳優チャン・グンソクが「2018 アイス・バケツ・チャレンジ」に参加し、微笑ましい光景を演出した。

チャン・グンソクがもう一度善行を行い、話題になっている。彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)療養病院建設を目標にした「2018 アイス・バケツ・チャレンジ」に参加し、社会に良い影響を与えた。

ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」で阿吽の呼吸を誇った女優ハン・イェリから指名されたチャン・グンソクは8日、自身のInstagramに「2018 アイス・バケツ・チャレンジ」に参加した映像を公開した。

彼は「『2018 アイス・バケツ・チャレンジ』は龍仁(ヨンイン)に設立するALS療養病院の基金を集めるために設けた意義深い行事」とし、「僕は24時間内に参加したが、もっと力を添えたいと思ってスンイル希望財団に寄付もした。より多くの方々が関心を持って共有してほしい」と力強い応援のメッセージを伝えた。

また、爽やかに氷水をかぶった後「次にモデルのキム・ヤンフン、俳優ソン・ウォンソク、俳優チャ・ヨプさんを指名したい。ファイト!」と伝えた。

同映像は公開と共にものすごい再生回数を記録し、チャン・グンソクへの関心はもちろん、今回のキャンペーンの成功を祈る世界中のファンから応援が殺到し、名実共に韓流スターとしての存在感を証明した。

これに先立ち、チャン・グンソクは母校の漢陽(ハンヤン)大学のため奨学金1億ウォン(約1千万円)を寄付したことはもちろん、これまで「2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪」「2018平昌冬季パラリンピック」「江原道(カンウォンド)広報大使」として任務を全うし、模範を示してきた。そして今回「2018 アイス・バケツ・チャレンジ」参加と共に100ドルの寄付金まで伝えた彼の善行は、小さな希望から始まる奇跡への期待を高めている。

このように良い影響を与えているチャン・グンソクは、ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」放送終了後「POST平昌」で韓国観光産業の活性化に力を入れている。


※動画はクリックまたはタップで閲覧できます。

記者 : カン・ソジョン