Highlight ユン・ドゥジュン&ペク・ジニ主演「ゴハン行こうよ3」台本読み合わせ現場の様子を公開

TVREPORT |

写真=tvN
Highlight ユン・ドゥジュンが「ゴハン行こうよ3-ビギンズ」(以下「ゴハン行こうよ3」)に出演する感想を述べた。

tvN新月火ドラマ「ゴハン行こうよ3」(脚本:イム・スミ、演出:チェ・ギュシク)は、34歳でスランプに陥ったク・デヨン(ユン・ドゥジュン)が、グルメブログの始まりをともにしたイ・ジウ(ペク・ジニ)と再会し、20歳当時の料理、思い出を共有しながら傷を乗り越えるストーリーだ。

最近、「ゴハン行こうよ3」の台本読み合わせが行われた。まず、前回のシーズン1、2を頼もしく率いた“シクシャ様”ことユン・ドゥジュン(ク・デヨン役)と、シーズン3のヒロインを務めて新鮮な共演を届けるペク・ジニ(イ・ジウ役)はもちろん、イ・ジュウ(イ・ソヨン役)、アン・ウヨン(ソヌ・ソン役)、キム・ドンヨン(ペ・ビョンサム役)、元TEENTOP ビョンホン(キム・ジンソク役)、ソ・ビョクジュン(イ・ソンジュ役)らが一堂に会した。

同日、台本読み合わせのために集まった俳優たちとスタッフは、最初から最後まで練習に集中し、意気込みを見せた。それぞれの役にリアルに溶け込んだ俳優たちは、台詞を一つ一つ見事に活かし、息を合わせた。見ているスタッフも、興味津々に集中できたという。

本格的な台本読み合わせに先立ち、ユン・ドゥジュンは「5年前に初めて参加した作品だが、こうやってシーズン3まで来ることができて感慨深い。参加させて頂いて感謝している。これから3~4ヶ月の長い撮影が始まるが、元気に良い思い出を共に作っていきたい」と、特別な感想を伝えた。ペク・ジニは「『ゴハン行こうよ』のシーズン1、2もファンとして熱心に視聴していたが、今回は出演することになって光栄に思っている。頑張りたい」と、新しく合流する覚悟を語った。

「ゴハン行こうよ3」の制作陣は「温かく面白く、共感できるドラマなので、猛暑を一緒に乗り越えながら、さらに楽しい作品に仕上がるように最大限努力したい」と話した。シーズン1、2に続いて、3でも執筆を担当するイム・スミ脚本家は「本当にありがたいことに、とても素敵な方々と会えて、16回の食事(全16話の意味)を視聴者のみなさんに美味しく届けられると思う。最終話まで、何の事故もなく無事終えることができればと思っている」とコメントし、俳優とスタッフを励ました。

「ゴハン行こうよ3」は「止めたい時間:アバウトタイム」の後番組として、韓国で7月に放送される。

記者 : パク・グィイム