ソヒョン、父親らと個人事務所を設立か…現エージェンシーとの契約を終了

OSEN |

写真=OSEN DB
歌手兼女優のソヒョンがエージェンシーと決別し、新たなスタートを切る。

複数の関係者によると、ソヒョンは最近、サブライムアーティストエージェンシーと議論の末、契約を終了したという。ソヒョンは先月から、エージェンシーとは別に動いていたことが確認された。

ソヒョンは、父親をはじめとする少数の最側近と一緒に行動しており、個人事務所の設立を検討するなど、独立の準備に余念がない。

ソヒョンは昨年10月、SMエンターテインメントと再契約をせず、サブライムアーティストエージェンシーの支援を受けて活動を続けてきた。しかし、3月末の訪朝を前後として、エージェンシーではなく父親と最側近が、ソヒョンのスケジュールをすべて担当してきたことが確認された。

その間ソヒョンは、多数の芸能プロダクションと専属契約を議論し、着実に別の道を模索してきた。しかし、この契約はいずれも実現せず、その過程でソヒョンを一生懸命に支援してきた父親と父親の最側近と、個人事務所を設立する方向に心を決めたという。

これからソヒョンが完全に独立し、女優兼歌手としてどのような活躍を続けていくのか、関心が高まっている。

記者 : チョン・ジウォン