「止めたい時間:アバウトタイム」キム・ドンジュン、KARA出身スンヨンに“僕、嫌な感じだった?”

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「止めたい時間:アバウトタイム」放送画面キャプチャー
KARA出身のスンヨンが“天才”キム・ドンジュンに呆れた。

22日に韓国で放送されたtvN「止めたい時間:アバウトタイム」で、ジェユ(キム・ドンジュン)とソンヒ(スンヨン)はキャスティングの問題で悩んだ。

俳優たちがオーディションの期間があまりにも早いと抗議のメッセージを送った中、ジェユは「天才だけが来るようにと告知して」とし、「そうすればオーディションの時間も減ってさらにいい」と勧めた。

助演出のソンヒが驚愕するのも当たり前だった。ジェユが「僕、嫌な感じだった?」と質問するとソンヒは「そんなはずありません。私は天才でもないのに、なんでこれをやっているんだろうと懐疑心ができただけです」と強がった。

ジェユは「チョン・ソンヒさんのような凡才には努力というのがあるから、ある程度勝算があるのでは?」と言った。

記者 : イ・ヘミ