知英主演映画「私の人生なのに」7/14より公開決定…JYが主題歌を担当!ポスター&予告解禁(動画あり)

KSTYLE |

(C)2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ
知英最新主演映画「私の人生なのに」が、7月14日(土)より新宿バルト9ほか全国公開することが決定した。

本作は、金城瑞穂役の知英がオリンピック候補の新体操スター選手でありながら、脊髄梗塞で倒れ半身不随となり、絶望の中、数年ぶりに瑞穂の前に現れた幼なじみ柏原淳之介役の稲葉友と再会することで音楽と触れ合い、それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら、人生がふたたび動き出していく青春サクセスストーリー。

本日(17日)、ポスタービジュアルと予告が解禁となった。ポスタービジュアルは、映画「レオン」やドラマ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」(東海テレビ・フジテレビ系)にて名実ともに“カメレオン女優”の評価を得ている主演・知英が扮する瑞穂と、本作のほかに今年冬公開の映画「春待つ僕ら」への出演が決定するなど、舞台・ドラマ・映画など多方面から注目を集めている稲葉友扮する柏原淳之介が、“音楽”を通じて新たなステージに向かっていく貴重なシーンを再現しており、二人のギターセッションが、ビジュアルにインパクトを与えている。

予告は、瑞穂の絶望と孤独、家族との絆、幼なじみ淳之介と音楽を通じて新しいステージを目指していく二人の姿が描かれている。主題歌は、大ヒットソング「好きな人がいること」のJYが担当。脚本を読んで書き下ろされた「涙の理由」が、ストーリーに深みを与え、涙を誘う。

知英と稲葉友のほかには、新体操部アスレチックトレーナー役に落合モトキや根岸季衣、深沢敦など個性的な実力派俳優が脇を固めており、物語にスパイスを効かせる。監督は、「全員、片想い~片想いスパイラル~」「小川町セレナーデ」などを手がけている原桂之介。この夏、清智英・東きゆう著書の原作「私の人生なのに」(講談社刊)から生まれたほろ苦い青春映画が、観客の心を熱くする。



■公開情報
「私の人生なのに」
2018年7月14日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

出演:知英、稲葉友、落合モトキ、蜷川みほ、江田友莉亜、深沢敦、野中隆光、飯田孝男、根岸季衣、髙橋洋、赤間麻里子
監督・脚本:原桂之介

原作:清智英・東きゆう「私の人生なのに」(講談社刊)
製作:瀬井哲也
プロデューサー:行実良、柴原祐一
共同プロデューサー:長井龍
撮影:加藤十大
照明:志村昭裕
録音:小林武史
美術:田口貴久
編集:相良直一郎
衣裳:岡本華菜子
ヘアメイク:及川奈緒美
キャスティング:あんだ敬一
助監督:岩坪梨絵
制作担当:金子堅太郎
ラインプロデューサー:傳野貴之
音楽:山本加津彦
主題歌:JY「涙の理由」
制作プロダクション:ダブ
協力:J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給:プレシディオ
宣伝:MUSA
(C)2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分

<ストーリー>
新体操のスター選手として将来を期待されていた金城瑞穂(知英)は、練習中に脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう。競技人生を絶たれた彼女には、両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二(落合モトキ)の思いやりを受け入れることができず、絶望と孤独に苛まれる。塞ぎ込む日々の中、ストリートミュージシャンの幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)と数年ぶりに再会し、「一緒に歌おう!」と誘われるが戸惑いを隠せない。瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき……人生がふたたび動きはじめた彼女が見た新たな夢とは?

記者 : Kstyle編集部