キム・ミンジェが語る #レスラー #ユ・ヘジン #練習生時代 #大学生活

10asia |

写真=10asia

訓練で鍛え上げられた筋肉質の体はもちろん、今では歩き方までレスラーそのものだ。映画「レスラー」(監督:キム・デウン)のキム・ミンジェは、吐き気がする位の厳しい訓練と骨身を惜しまない熱演を披露して、ソンウンのキャラクターを完璧に演じた。これを通じてキム・ミンジェは、初の映画デビュー作で主演の座を務めたことが、ただ運が良かったからではないということを自ら証明した。

――映画「レスラー」が韓国で公開された感想はどうですか?

キム・ミンジェ:公開前まではとても緊張してドキドキしていましたが、むしろ公開当日には落ち着いていました。朝からずっと「レスラー」を検索しています(笑)。元々は、観客の評価などを検索するタイプではありませんが、やはり最初の映画だし、本当に僕自身のベストを尽くして撮影した作品なので、観客の皆さんがどのように見られたかが気になって、反応をチェックしました。

――ドラマは何作品か出演されていましたが、映画は初めてでしたね。撮影中は、新人の頃に戻ったような感じがしたと思いますがいかがですか?

キム・ミンジェ:そうです。デビューして初めて出演した作品の時のような感じを受けました。ドラマは何作品か撮影してきていましたが、映画は初めてのジャンルだしよくわからなかったので、緊張してドキドキしました。また撮影の環境もドラマの現場とはだいぶ違うし、スクリーンを通じて見る僕の姿も新鮮でした。

――映画の中でレスリングのシーンを代役なしで演じたそうですが、訓練はどのくらいされましたか?

キム・ミンジェ:作品に入る前に1ヶ月半くらい訓練を行い、撮影が始まってからも体育館に行って練習をしました。アクションに関するノウハウも全くなく、体の使い方もわからなかったので、適当な気持ちでは出来ませんでした。正直、訓練をしていると体の中が乾いていくような感じがするし、あまりにも辛くてトイレに逃げ込んだこともたくさんありました。それくらい大変だったけれど、訓練を終えて家に戻る時は気持ちが良かったです。

――父親役のユ・ヘジンさんとの共演はいかがでしたか?

キム・ミンジェ:始めて先輩と共演するという話を聞いた時は、あまりにも嬉しくて声まで上げてしまいました(笑)。幼い頃から先輩の作品を見ながら「どうしてあんなに上手く演技ができるんだろう? 」と感嘆していました。一緒に作品に出演してからは、もっと尊敬するようになりました。「先輩のような大人にならないといけないな」と思いました。撮影中はいつも僕の意見も聞いてくださいました。実の父親のように世話をしてくださったので、とても感謝しています。

――ユ・ヘジンさんはインタビューで「親子というよりは兄弟のような感じだ」と言っていましたが、これについてはどう思いますか?

キム・ミンジェ:兄、または友人のような父親という感じです。ユ・ヘジン先輩とは朝、撮影現場に到着してから、撮影が終わって夜にお酒を飲みに行くまでのすベての瞬間を一緒に過ごしてきました。その中で演技についてはもちろん、日常やプライベートな部分についての会話もたくさん交わしました。そのような様子が映画の中にも込められていると思います。

――父と息子についての映画ですが、撮影をしながら両親のこともたくさん思い出されたのではないですか?

キム・ミンジェ:それがこの映画を選んだ理由の一つでもあります。シナリオを読んでいる時に、父を思うソンウンの気持ちが僕が両親を思う気持ちと似ていると感じました。だから演じてみたかったし、欲が出た作品です。VIP試写会には両親を招待して一緒に映画を見たのですが、涙を流していました。僕は4回も見たにも関わらず、感情がぐっと込み上げて来ました。

――映画をリードしていく主演として、興行に対するプレッシャーはありませんでしたか?

キム・ミンジェ:上手くいけばもちろん良いけれども、ヒットするかしないかということは、僕がどうこうできる部分ではないと思っています(笑)。しかし、ベストを尽くして撮影した映画なので、たくさんの方々に楽しく見てもらいたいです。

――歌手の練習生から俳優になることを決心することになった契機などはありましたか?

キム・ミンジェ:練習生時代に、偶然にも演技の授業を受けたことがあります。その時に演技をしていて、他人の人生を生きることができるというのをとても魅力的に感じました。なので会社に僕の方から「エキストラでもいいので演技がしてみたい」と話し、ここまで来ることができました。

――歌手の夢を諦めたことに対する未練はありますか?

キム・ミンジェ:僕は音楽を諦めたとは思っていません。今も時間があれば作業室に行って、音楽の作業をしています。なので歌手になれなかったことに対する未練はありません。また練習生時代はたくさんの事を学んだし、僕がここまで成長するための基礎となる部分や足場もその時に作られたので、僕には意味のある時間でした。

――2016年に大学に入学し、1年生を終えましたね。学校生活はどうでしたか?

キム・ミンジェ:1年間通って、今は休学中です。1年間学校に通いながら、演技活動と勉強を並行するのは簡単じゃないなと感じました。授業に出るのはもちろん、課題やチームプレイもあるので、ほとんど時間を学校で過ごさなければいけませんでした。今では、大学を卒業するのがどれだけ大変ことなのかを実感しています。

――俳優ではない23歳の青年、キム・ミンジェさんはどんな人ですか?

キム・ミンジェ:限りなく何かを探し求めていく人物です。いつも新しいことを追求し、挑戦することが好きです。面白そうだと思ったらとりあえずやってみるタイプでした(笑)。だから音楽、演技、MCなど色々なことに挑戦してみました。これからも新しい事を探し続けたいです。

――俳優キム・ミンジェの前につけてもらいたい修飾語は何ですか?

キム・ミンジェ:“必要な俳優”です。大衆芸術をする人なので、観客と視聴者に必要とされる俳優になりたいです。“必要な俳優”になること以上の光栄はないと思います。

記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな、写真 : チョ・ジュンウォン