「油っぽいメロ」監督、2PM ジュノのキャスティング理由を明かす“アイドルというのが信じられないほど…”

MYDAILY |

「油っぽいメロ」のパク・ソンホ監督が、グループ2PMのジュノをキャスティングした理由を伝えた。

パク・ソンホ監督は4日の午後、ソウル陽川(ヤンチョン)区木洞(モクトン)SBS社屋で開催された、SBS新月火ドラマ「油っぽいメロ」(脚本:ソ・スクヒャン、演出:パク・ソンホ)の制作発表会で「ジュノの以前の作品も見た」と話した。

彼は「アイドル出身だが、アイドルというのが信じられないほど俳優として演技が安定的であり、感情が豊かで誠実だと感じた。ぜひ一緒に作業したいと思った」と伝えた。

続いてチャン・ヒョクに対しては「作品に対する情熱やエネルギーがすごい。初期に作品で会ったことがあるが、愉快な人だった」と話した。

また「このキャラクターにチョン・リョウォンがぴったりだと思った。最近放送されたロマンチックコメディの中で、最も可愛らしくて明るいキャラクターになるだろう」と付け加えた。

SBS新月火ドラマ「油っぽいメロ」はロマンチックコメディキッチン活劇で、街の中華料理店のキッチンを舞台に繰り広げられる3人の男女の恋愛ストーリーを描く。韓国で7日の午後10時に初放送される。

記者 : ホ・ソルヒ、写真 : ソン・イルソブ