「スイッチ」検事チャン・グンソク、詐欺師チャン・グンソクにお願い

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「スイッチ」放送画面キャプチャー
俳優チャン・グンソクがもう一度検事、詐欺師のスイッチを試みる。

2日、韓国ではSBS水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」(脚本:ペク、ウンチョル、キム・リュヒョン、演出:ナム・テジン)が放送された。この日の放送では検事ペク・ジュンス(チャン・グンソク)が、詐欺師サ・ドチャン(チャン・グンソク)にもう一度自分になりすますことを頼んだ。

ペク・ジュンスは「クム・テウンを捕らえるためには、検察庁にペク・ジュンスが必要だ。クム・テウンの側近になってやっとナムサンクラブについてもわかってきたのだが、また僕が消えてしまうと捜査が前に進まない。スイッチ、もう一度頼む」と要請した。

そして「これからはサ・ドチャンさんが本物のペク・ジュンスだ」と話し、自身の検事証を渡した。

サ・ドチャンはこの要請を受け入れ「今回はペク検事に頼まれて、やむを得ず検事になることになった」と話し困惑した様子であった。これにオ・ハラ(ハン・イェリ)は「サ・ドチャンは、元々検事になる運命であるようだ」と話した。

記者 : イ・イェウン