SHINeeが7年の歩みを凝縮した初のベストアルバムをリリース!楽曲解説で5人の足跡をReplay ― Vol.1

KSTYLE |

2008年に本国でデビューし、2010年12月には日本で初ワンマンライブを開催。日本デビュー前にして約24000人を動員し、人気の高さを実証したSHINee。2011年6月の日本デビュー以来、5枚のフル・アルバムをリリースしてきた彼らが4月18日、初のベストアルバム『SHINee THE BEST FROM NOW ON』をリリースする。既発表のシングルを網羅し、新曲をプラスした本作は、彼らの軌跡を知るのにぴったりな一枚。Kstyleでは発売に先駆け、トラックリスト順にそれぞれの曲を振り返り、改めて彼らの歩みを辿る。


2011~2012年「Replay -君は僕のeverything-」~「Dazzling Girl」

2010年12月の単独公演で日本デビューを正式発表した5人は、翌年6月に日本デビューを果たし、1年をかけて韓国でのヒット曲を日本語で新たに録り直した4枚のシングルを発表。ダンスミュージックをベースに、音楽、ダンス、ファッションと、あらゆる面で“コンテンポラリー”であることを追求した次世代の音楽は日本でも絶大な人気を獲得し、全てがオリコン・ウィークリー・チャートのTOP3に入るという快挙を達成。2012年には初の全国アリーナ・ツアー(7都市20公演20万人動員)を行うまでに飛躍し、同年10月の初となる日本オリジナル・シングルももちろんオリコン・ウィークリーで2位をゲット。SHINeeフィーバーは過熱する一方だった。
 

● Replay -君は僕のeverything- (2011.6.22)

2011年6月リリースの記念すべき日本デビュー曲は本国デビュー曲(2008年。原題:「お姉さんはとても綺麗」)の日本版だった。本国デビュー時、18~14歳だったメンバーはこの曲で、世の年上女性のハートをキュンキュンくすぐったが、日本デビュー時はあれから3年が経過。そのため、“お姉さん”というテーマは控えめに、ちょっと大人な想いを盛り込んだのがポイントだ。アメリカで制作されたトラックに、所属事務所のトップ・プロデューサー、ユ・ヨンジンがアディショナル・アレンジをプラスし、楽曲はいま聴いても色褪せない最先端のサウンドである。恋の終わりを予感する男性の切ない思いをスタイリッシュに歌い上げる。スキニーパンツで軽やかな足技を見せるダンスパフォーマンスも斬新で、全てはここから始まった。
 

● JULIETTE (2011.8.29)

2011年8月リリースの2ndシングルは、2009年に本国でリリースされた同名曲の日本語バージョンだ。原曲は、この後、シンガーソングライターのセンスを発揮していくジョンヒョンがシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」をモチーフに初めて作詞を手掛け、日本語版も彼の詞の世界を踏襲する。トラックはUKエイジアンのR&Bシンガー、Jay Seanと、アメリカの俳優兼歌手であるCorbin Bleuが歌う元曲「Deal With It」にあったアーバンな雰囲気をキープしつつ、エレクトロなアレンジをプラス。スキニーパンツ&パステルカラーのファッションというビジュアルは前作を継承しつつ、ミンホは日本語でもブレ知らずなラップでエッジーに攻め、5人は熱きナイト(騎士)魂を見せつけた。
 

● LUCIFER (2011.10.12)

前作から僅か2ヶ月という短いスパンでリリースされた3rdシングルで、5人はそれまでのイメージを脱却し、ハードな貌を見せる。この曲は、本国での2ndアルバム(2010年)のリード曲の日本語バージョンで、時に天使のような表情を浮かべるルシファー(堕天使)にも似た彼女から逃れなれない男性の“拘束される愛”がテーマ。ユ・ヨンジンが作編曲に参加したトラックはエレクトロをベースに様々な音楽的要素を盛り込み、起伏があってスリリング。本人たちも今までと違う曲調にビックリしたと振り返る、ヨンジン特有のパンチの効いたサウンド、そして、インパクト大でド派手なプロモーション・ビデオが彼らの変化を後押しし、5人は少年っぽさを脱ぎ捨てた。
 

● Sherlock (2012.5.16)

2012年5月リリースの4thシングル。前作にあった、起伏に富んだトラック由来のスリリングさは本作でマックスになる。実は2曲分を1曲に収めた驚愕のサウンドはゴージャスかつ煌びやかでドラマティック。SHINee史上最大のハイブリッドソングは1+1が、3にも5にもなることを証明した。また、キツネにつままれるようなミステリアスなエンディングが待つ謎めいたストーリーをスタイリッシュなダンスで演じる点にも注目。この曲は、本国で同年3月にリリースされた同名曲の日本語バージョンで、韓国と日本とのリリースのタイムラグがほとんどなくなったのももう一つのポイント。楽曲とPVの制作が日韓同時に進められたことで濃密な緊迫感を産み出している。
 

● Dazzling Girl (2012.10.10)

2011年12月に日本1stアルバムを発表し、2012年には初のアリーナツアーを成功裡に終え、ステップアップしていくメンバーたち。同年10月発表の5thシングルは初の日本オリジナル・シングルになり、5人はまた新たな貌を見せた。曲名は“眩しいほどに輝いている女の子”の意で、そんな女の子にトキメク男の子の気持ちを満面の笑みで歌う。跳ねるピアノがリードするエレクトロなトラックも輝きを放ち、輝く女性に恋を予感する彼らもまたシャイニング。トム・コイン(マスタリング)、s**t kingz(振付)、丸山敬太(衣装)など、世界トップレベルのクリエイターが5人をバックアップし、聞き終えた全ての女性が多幸感に包まれる世界水準のハッピー・チューンになった。

ライター:きむ・たく

SHINee、2ndアルバムを引っ提げたツアーは22万人を動員…日本オリジナルシングルを連発し、日本での活動が本格化 ― Vol.2

SHINee ホール公演を含むツアーで日本の各地へ…念願の地、東京ドーム公演もスタート ― Vol.3

SHINee 4年連続ドーム公演でトップ・アーティストへ…ファンとの永遠の絆を歌った「From Now On」 ― Vol.4

■リリース情報
初ベストアルバム「SHINee THE BEST FROM NOW ON」
2018年4月18日(水)発売


◆完全初回生産限定盤A【2CD】+【Blu-ray】+【PHOTO BOOKLET 64P】
品番:UPCH-29297
価格:5,980円(+tax)
仕様:スリーブケース付トールサイズデジパック

◇CD:Disc 1 / TRACK LIST (全20曲収録)
01. Replay -君は僕のeverything-
02. JULIETTE
03. LUCIFER
04. Sherlock
05. Dazzling Girl
06. 1000年、ずっとそばにいて…
07. Fire
08. Breaking News
09. Boys Meet U
10. 3 2 1
11. Everybody
12. LUCKY STAR
13. Downtown Baby
14. Your Number
15. Sing Your Song
16. D×D×D
17. 君のせいで
18. Winter Wonderland
19. Get The Treasure
20. From Now On (新曲)

◇CD:Disc 2(Bonus Disc)
01. Colors of the season [FROM NOW ON ver.]
02. Every Time (新曲)
03. Tell Me Your Name
04. Your Number [FROM NOW ON ver.]
05. Married To The Music [Japanese ver.]
06. Melody [FROM NOW ON ver.]
07. Diamond Sky [FROM NOW ON ver.]
Bonus Track
Replay –君は僕のeverything- [Abbey Road Special]

◇Blu-ray
DOCUMENTARY OF SHINee WORLD 2017~FIVE~(全曲ライブダイジェスト&舞台裏ドキュメント映像を約1時間37分収録)

◆完全初回生産限定盤B【2CD】+【DVD】+【PHOTO BOOKLET 64P】
品番:UPCH-29298
価格:5,480円(+tax)
仕様:スリーブケース付トールサイズデジパック
※PHOTO BOOKLETは限定盤A, B共通

◇CD:Disc 1
※CD収録曲は限定盤A, B共通

◇CD:Disc 2(Bonus Disc)
※CD収録曲は限定盤A, B共通

◇DVD
DOCUMENTARY OF SHINee WORLD 2017~FIVE~(全曲ライブダイジェスト&舞台裏ドキュメント映像を約1時間37分収録)
※映像内容は限定盤A, B共通

◆通常盤【CD】
品番:UPCH-20487
価格:2,980円(+tax)

◇CD
※CD収録曲は限定盤A, BのDisc1と共通

「SHINee THE BEST FROM NOW ON」特設ページ:http://shinee.jp/thebest/

記者 : Kstyle編集部