「四子」パク・ヘジン、AFTERSCHOOL ナナの第一印象を語る“カッコいい”

MYDAILY |

俳優パク・ヘジンがAFTERSCHOOLのナナと初めて会ったときを回想した。

事前制作ドラマ「四子」の記者懇談会が11日午後、大邱(テグ)寿城(スソン)区晩村洞(クァンジンドン)ホテルinterburgoでチャン・テユ監督、パク・ヘジン、ナナ、クァク・シヤン、チャン・ヒリョンが出席した中で行われた。

この日パク・ヘジンはナナの第一印象を聞く質問に対し、「初めて見るやいなや『カッコいい』と言った」と明かした。

続いて「少年みたいに、賢そうな男の子みたいにカッコよかった」と言い、「実はナナという人間については歌手としての姿と映画『スウィンダラーズ』、ドラマ『グッドワイフ』しか知らなかったけれど、台本読み合わせをしてみたら心配など要らなかった。自分だけうまくやれば問題ないと思った」と絶賛した。

「四子」は生き残ることだけが目標になってしまった一人の男と愛から人間に対する答えを探していく別の男、そしてこの全てのストーリーの中心にいるある女のストーリーを描いたロマンスファンタジー推理ドラマだ。パク・ヘジン、ナナ、イ・ギウ、クァク・シヤンなどの俳優陣と「星から来たあなた」のチャン・テユ監督のタッグで期待されている。

「四子」はこの日大邱・西門(ソムン)市場での撮影を皮切りに、本格的な制作に乗り出した。韓国で今年下半期に放送される予定だ。

記者 : イ・スンギル、写真 : キム・ソンジン