チョ・ハンソン、ソンフンへの愛情をアピール「実の弟みたい…家族の集まりにも参加した」

MYDAILY |

俳優チョ・ハンソンとソンフンが、厚い友情をアピールした。

チョ・ハンソンとソンフンは最近、ソウル城東(ソンドン)区聖水洞(ソンスドン)あるカフェで、マイデイリーとの共同インタビューを行った。

今年韓国公開を控えた映画「兄弟:戻ってきて釜山港(愛)」(Brothers in Heaven)で初めて呼吸を合わせた二人。彼らは劇中の兄弟のように、実際にも家族のような厚い関係を築いていることで視線を引いた。

ソンフンは「『兄弟:戻ってきて釜山港(愛)』に出演して、最も良かったことを挙げるなら、(チョ)ハンソン兄さんに会ったことだ」とし「兄さんに会えて、本当に良かった。今、この瞬間にも一緒に居られて嬉しい」と愛情をアピールした。

引き続き彼は「僕は人見知りが激しい方だ。そして人脈を広げようとするよりは、ある人により一層よくしてあげようという主義だ」と付け加えた。

するとチョ・ハンソンは「良い弟に会った」と返事をした。特に彼は「ソンフンが、マスコミ試写会が終わってミカンを送ってくれた。果物をよくプレゼントしてくれる」として「このようなプレゼントは僕だけでなく、僕の家族まで考えてくれているという意味じゃないか。さらに感動だった」と伝えた。

チョ・ハンソンは「実際に僕の家族の集まりにソンフンが参加したこともある。家族と出掛けようとしたときに電話が来たので、食事をしたか尋ねた。すると食べなかったと、私のところに行こうとしていたと答えた」とし「なので本当に何気なく、私たちの家族と食事をした。とても違和感なく一緒に食べて、本当の家族かと思った」と冗談を言った。

彼は「ソンフンのこのような性格がとても良い」として「あれこれ計らない。実の弟のように、気楽にご飯を食べることができる、そんな間柄だ」と明らかにした。

記者 : キム・ナラ、写真 : キム・ソンジン