小栗旬の大ヒットドラマ「リッチマン、プアウーマン」韓国版のメインキャスト決定!EXO スホの相手役にハ・ヨンス

10asia |

写真=SMエンターテインメント、マネジメントAND、PFエンターテインメント、JYPエンターテインメント
iHQドラマ「リッチマン(仮題)」がEXOのスホ、ハ・ヨンス、オ・チャンソク、キム・イェウォンをキャスティングし、来年上半期に視聴者のもとにやって来る。

「リッチマン」は、日本の人気ドラマ「リッチマン、プアウーマン」をリメイクした作品だ。顔面認識障害で愛する女性の顔が分からない傍若無人な天才事業家と、AlphaGo(コンピュータ囲碁プログラム)に匹敵する記憶力を持った就活生のロマンスを描く。

原作の「リッチマン、プアウーマン」は、2012年にフジテレビで放送された。小栗旬、石原さとみを主演に、高い視聴率はもちろんフジテレビのVODダウンロードで歴代最高記録を立てるなど、熱く愛された。翌年、スペシャルドラマ「リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク」の編成もあり、韓国でも数多くのマニア層を確保している。ここにNetflixのドラマ「マイ・オンリー・ラブソング」、ウェブドラマ「ミッシングコリア-Missing Korea」などを演出したミン・ドゥシク監督と、「オールド・ボーイ」「王になった男」「コンフィデンシャル/共助」「殺人者の記憶法」の脚本を担当したファン・ジョユン作家、映画「ビューティー・インサイド」のパク・ジョンエ作家が意気投合し、ストーリーにしっかりとした力を吹き込む予定だ。

小栗旬が演じた男性主人公には、EXO スホがキャスティングされた。スホは、天才プログラマーであり詐欺総額1億ウォンのユニコーン企業「NEXT ONE」の代表イ・ユチャンを演じる。外見、実力、カリスマどれ一つ欠けることはないが、幼い頃のトラウマで顔面認識障害を持っていた。人よりは機械、関係よりは技術を信じる傍若無人の荒々しいデジタル男であるイ・ユチャンは、計算が立たない女性キム・ボラに出会いながら人生が変わり始めた。映画「グローリーデイ」、MBC「三色(みついろ)のファンタジー」の「宇宙の星が」などを通して演技力を磨いて来たスホは、今回「リッチマン」のイ・ユチャンを通して新たな姿を見せる予定だ。

AlphaGoレベルの暗記力を誇る、無限ポジティブな就活生キム・ボラはハ・ヨンスが演じる。原作の「リッチマン、プアウーマン」では、石原さとみが演じたヒロインだ。済州島の田舎で少し名を馳せた暗記力で、全校1位を逃したことのないキム・ボラは、家族の期待を一身に浴びて上京したが、情熱と誠実だけでは就職という針の穴を通過するには不可能だということを悟るようになる。人生最大の失敗にふらつくが、これ以上引き下がることができない状況で、夢の職場「NEXT ONE」に履歴書を書き、イ・ユチャンとの因縁が始まる。しっかりした演技力はもちろん、ユニークな魅力まで備えたハ・ヨンスが、弾けるラブリーさでドラマをリードしていくという期待が高まっている。

オ・チャンソクは「NEXT ONE」の共同創立者であり、副代表のパーフェクト男ミン・テジュを演じる。ミン・テジュは彫刻のような外見にマナーと品まで備えた完璧な男だ。ミン・テジュの妹であり、キュレイター兼ギャラリーのオーナーミン・テラ役には、キム・イェウォンがキャスティングされた。外見、性格、能力まですべて備えて生まれた、生まれつきのダイアモンドスジョ(ダイアモンドのスプーンと箸、裕福な家に生まれたこと)である彼女だが、3年前に一目惚れしたイ・ユチャンの側にいるキム・ボラを見ながら、生まれて初めて嫉妬という感情を感じることになる。

「リッチマン」の制作陣は「原作の魅力ポイントをそのまま生かしながらも、新たな感受性と面白さを吹き込む予定だ」とし「ミン・ドゥシク監督の感覚的な演出、ファン・ジョユン、パク・ジョンエ作家のしっかりとした台本にスホ、ハ・ヨンス、オ・チャンソク、キム・イェウォンというキャスティングの組み合わせが完成した分、期待して欲しい」と説明した。

「リッチマン」は来年上半期に放送予定だ。

EXO スホ、小栗旬の大ヒットドラマ「リッチマン、プアウーマン」韓国リメイク版の主演に抜擢!

記者 : チェ・ジョンミンインターン、翻訳 : 浅野わかな