ヒョンビン、故キム・ジュヒョクさんを哀悼「最近会ったばかりだったのに…本当に心が痛い」

TVREPORT |

写真=SHOWBOX
俳優ヒョンビンが映画 「コンフィデンシャル/共助」で共演した故キム・ジュヒョクさんの事故について「(あの世で)元気に過ごしていると信じている」と哀悼した。

13日、ソウル三清洞(サムチョンドン)のあるカフェでは、映画「クン」に出演したヒョンビンとのインタビューが行われた。映画「クン」は“世紀の詐欺師”を捕まえるために集まった“詐欺師を捕まえる詐欺師達”の予測不可能なチームプレイを扱った犯罪娯楽映画だ。ヒョンビンは「クン」で詐欺師を捕まえる詐欺師たちのブレイン、ファン・ジソン役を務めた。

ヒョンビンは今回の作品で詐欺師を演じることについて「周りに聞いてみる人がいなかった。だが『クン』は、状況を作っていくところがあった」とし「詐欺というのは、大したことだとは思っていなかった。大げさに考えるよりは、単に騙すことだと思った」と明かした。

ヒョンビンは「実際に人を騙すことができると思うか」という質問に対し「詐欺をしようと思えば、ある程度は騙せると思う。正直なイメージで騙せると思う」と答えた。

2017年に映画「コンフィデンシャル/共助」で熱い人気を博したヒョンビン。最近、当時共演したキム・ジュヒョクさんが事故でこの世を去って人々を悲しませた。ヒョンビンは故キム・ジュヒョクさんについて「『猖獗(チャングォル)』では僕の兄役だった。心が痛い。最近も一緒にスタジオにいた」とし「(あの世で)元気に過ごしていると信じている」と話し、追悼した。

ヒョンビンが詐欺師ファン・ジソン役に扮した映画「クン」は、韓国で22日に公開される。

記者 : キム・ガヨン