チョ・ジョンソク&Girl's Dayヘリ主演新ドラマ「トゥー・カップス」初の台本読み合わせ現場を公開

TVREPORT |

写真=MBC
俳優チョ・ジョンソクとGirl's Dayのヘリの共演で好奇心を刺激するドラマ「トゥー・カップス」の、初めての台本読み合わせ現場の写真が公開された。

本日(12日)、MBC新月火ドラマ「トゥー・カップス」(脚本:ピョン・サンスン、演出:オ・ヒョンジョン) は、9月末に一山(イルサン) MBCで行われた台本読み合わせ現場を公開した。この日の台本読み合わせには監督、脚本家などの制作陣と共にチャ・ドンタク役のチョ・ジョンソク、ソン・ジアン役のヘリを始めとする約20人の俳優が出席した。

チョ・ジョンソクは「パートナーのヘリさんのように、はじけるドラマになれるように最善を尽くします」と約束し、ヘリは「素敵な台本、かっこいい先輩方と共演ができて嬉しいです。一生懸命臨みたいです」と覚悟を示した。制作陣は「楽しい現場になるように努力します」と俳優陣の士気を上げた。

本格的な読み合わせが始まると、俳優陣はキャラクターに没頭し、本番さながらの熱演を繰り広げた。初めての読み合わせとは思えない抜群の相性は、まるでドラマを見ているような錯覚を与えたという。

特に、劇中で強力界の刑事チャ・ドンタクと彼に憑依した詐欺師のコン・スチャンの一人二役を演じるチョ・ジョンソクは、正反対のキャラクターを完璧にこなし、現場の雰囲気を盛り上げた。またヘリは、粘り強い社会部の記者ソン・ジアンに変身し、気さくながらもしっかりとしたキャラクターになりきった。

初めての出会いから抜群の呼吸を見せながら、各キャラクターの特徴をリアルに生かした俳優陣の好演と制作陣の情熱に「トゥー・カップス」への期待が高まっている。

「トゥー・カップス」は、正義感あふれる捜査一課の刑事の体に、憑依した詐欺師の魂が無断侵入した中で、共助捜査を繰り広げることになるクレイジーな刑事と、クールで不埒な女性記者のファンタジー捜査ロマンスを描く作品だ。「20世紀少年少女」の後番組として、韓国で11月に初放送される予定だ。

記者 : チョ・ヘリョン