杉咲花、韓国でのインタビューでオダギリジョー&木村拓哉に言及

OSEN |

杉咲花がそれぞれ違う映画で共演したオダギリジョーと木村拓哉について、隣にいると緊張したと語った。

杉咲花は21日午後、ソウル・インペリアルパレスホテルで行われた映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(監督:中野量太) に関するインタビューで、映画で共演したオダギリジョーと木村拓哉についてコメントした。

杉咲花は子役出身の新人女優で「湯を沸かすほどの熱い愛」を通じて、「第40回日本アカデミー賞」で新人俳優賞と最優秀女優助演賞をW受賞した。劇中で思春期を経験しながら成長していく娘の安澄役を務めた杉咲花は、その年齢とは思えない深い感情演技を披露した。

難しい感情演技が多かった彼女は「最初台本をもらって読んだとき、山場がいくつもあったので、どうすれば上手くやり切ることができるか不安もあった。しかしクランクインの前に監督が役に近づいていけるような環境をきちんと整えてくれた。撮影が始まったときは入り込むことができた。あの時、私に押し寄せてくる新鮮な感情をきちんと発散できるように監督が気を配ってくれた。現場に立ったとき、頭で考えるのではなく、その状況にぶつかったときの自然な反応を演技した」と説明した。

キム・ユジョンと似ているルックスで“日本のキム・ユジョン”と呼ばれたりもする彼女は「昨日、そのような話を聞いたけれど、キム・ユジョンさんについてはよく知らない」と答えた。

テレビドラマに続き、今回の映画でオダギリジョーと再び共演した彼女は「以前も父娘の役だったけれど、今回も父と娘の関係として共演した。私は初対面の人には緊張するけれど、オダギリジョーさんとは2回目の作品だったためか、そういう部分では楽だった。オダギリジョーさんが現場に来る日は緊張がほぐれて安心した」と伝えた。

また杉咲花は、木村拓哉と映画「無限の住人」の公開も控えている。彼女はオダギリジョー、木村拓哉と共演したことについて「2人とも私が幼い時からテレビで見ていた方々だ。しかしそれを考えて現場に行くと、緊張して自分が萎縮すると思った。そうなると2人にも失礼だと思ったので、そういうことを考えないようにした。しかし、役を抜けて一緒にいる時はやはり緊張した」と語った。

記者 : チ・ミンギョン