クォン・サンウ&チェ・ガンヒ「推理の女王」キャラクターポスターが公開…意味深な表情に“視線集中”

OSEN |

写真=推理の女王文化専門会社、A STORY
ドラマ「推理の女王」のキャラクターポスターが電撃公開された。

最近、謎のような予告ポスターと映像を次々と公開し、話題を集めているKBS 2TV新水木ドラマ「推理の女王」(脚本:イ・ソンミン、演出:キム・ジヌ、ユ・ヨンウン、制作:A STORY) がクォン・サンウ&チェ・ガンヒのシンクロ率100%のキャラクターポスターを公開し、視線を集めている。

公開されたポスターの中には、カリスマ刑事と美女探偵に完璧に変身したクォン・サンウとチェ・ガンヒの姿が収められている。雑誌の表紙を連想させる「推理の女王(QUEEN OF MYSTERY)」という英文タイトルと共に、クラシックで神秘的な雰囲気を醸し出す緑色の部屋に並んで座っているクォン・サンウとチェ・ガンヒの独特な表情とポーズは、これまで見たことのない新しく新鮮なキャラクターを予告している。

何より謎のようなポスターの中には、2人が「推理の女王」で披露する活躍と完璧なパートナーのケミ(ケミストリー、相手との相性) を暗示する糸口が隠されており、彼らがドラマの中でどんな活躍を披露するか好奇心をくすぐっている。

まず、クォン・サンウは「直感の帝王、完勝」というキャラクターコピーに合わせて、近づきがたい刑事課強行犯係の鋭いカリスマ性をアピールしている。考える暇もなく、体が先に反応してこそ生き残ることができると言っているかのように、片手は頭の上に、もう片方の手には拳銃をそっと握っているクォン・サンウの姿からは、いつも死と隣合わせの刑事という職業のカリスマ性とトラウマを垣間見ることができる。

チェ・ガンヒは頬杖をついたまま、考えに老けている様子だ。背筋の伸びた姿勢とクールな表情では「推理の女王、ソルオク」の品格を感じることができる。特に、探偵道具や装飾1つない彼女のシンプルな姿からは自身のただ1つの武器の、鋭い推理力に対する溢れる自信が表れる。

これと共にテーブルに置かれた本も目を引く。クォン・サンウの隣には、ハードボイルド推理小説の元祖とされるエドガー・アラン・ポーの本が、チェ・ガンヒのほうにはシャーロック・ホームズとアガサ・クリスティの小説本が積まれており、本格推理小説の楽しさをそのまま継承した「推理の女王」に対する期待を高めている。

また、最近相次いで公開された予告ポスターと映像との強烈な色のコントラストも、作品に対するヒントを提供している。先駆けて公開された強烈な赤いトーンの予告イメージが2人を襲いかかる危険と恐怖を象徴したとすれば、今回のキャラクターポスターの落ち着いて神秘的な緑色は本能と理性、直感と推理、冷静と情熱の間の調和を成し、バランスのとれたケミを予感させているのだ。

このようにそれぞれ違う色合いと雰囲気の予告ポスターと映像、キャラクターポスターは、複合的な特徴を持つ新鮮なキャラクターと奇抜なストーリーに対する好奇心と期待を高める相乗効果を生み出している。

「推理の女王」は、生活密着型の“推理クイーン”ソルオク(チェ・ガンヒ) と“ハードボイルドベテラン刑事”ワンスン(クォン・サンウ) が完璧な共同パートナーとして生まれ変わり、犯罪で傷ついた人々の心までも癒すヒューマン推理ドラマだ。現在放送中の「キム課長」の後番組として4月5日の午後10時より放送がスタートする。

記者 : ユ・ジヘ