パク・シネ、飢餓対策機構の高額後援者クラブに委嘱…現在フィリピンに2つ目の“シネセンター”を建設中

OSEN |

写真=S.A.L.Tエンターテインメント
国際救護団体の飢餓対策機構(会長:ユ・ウォンシク) は23日、女優パク・シネを飢餓対策機構の高額後援者の会である“ピルラントロフィークラブ”に委嘱したと明らかにした。

2011年から広報大使として飢餓対策機構の活動に参加してきたパク・シネは、2012年からファンクラブの名前に因んだ“星色天使プロジェクト”をファンたちと共に展開し、飢餓対策と共に韓国国内外の子供たちを助けるための活動を続けてきた。韓国では低所得者層の子供を助けるために、飢餓対策機構が運営する地域児童センター“幸せなホームスクール”の暖房費を支援し、アフリカ・ガーナに多目的教育センターの“シネセンター”を建て、フィリピン・マニラ周辺のサムパーロック地域に2つ目の“シネセンター”の建設を進めている。

パク・シネ広報大使は、「今までやったことは多くないのに、この場に立つことになって恥ずかしく、感謝している。ピルラントロフィーという名前にふさわしいように、さらに熱心に分かち合いに参加したい」と感想を述べた。所属女優の素敵な活動に共感し、寄付に参加してきたパク・シネの所属事務所S.A.L.Tエンターテインメントのイ・ウニョン取締役も、この日“ピルラントロフィークラブ”に一緒に委嘱された。

チョン・ウンリム飢餓対策機構副会長は、「長い間飢餓対策機構と縁を続けていることに感謝する。パク・シネさんの美しい心が広く知られ、飢えている人々の生命を助けることに参加する方々がさらに増えることを望んでいる」とコメントした。

“ピルラントロフィークラブ”は2014年発足した飢餓対策機構の高額後援者の会で、1億ウォン(約1000万円) 以上寄付した個人後援者で構成されている。パク・シネ広報大使は36番目のピルラントロフィーになった。

記者 : チェ・ナヨン