東方神起、ユンホ入隊前最後のスペシャルアルバム「RISE AS GOD」ついに本日(20日)正午リリース!

TVREPORT |

写真=SMエンターテインメント
東方神起がスペシャルアルバム「RISE AS GOD」でファンに感謝の気持ちを伝える。

20日、SMエンターテインメントは「東方神起はCD発売と共に20日正午、MelOn、Bugs、Genie、NAVER MUSICなど国内外の音楽配信サイトでスペシャルアルバム『RISE AS GOD』の全曲の配信を開始する予定だ。東方神起の新しい音楽を待っていた世界中のファンの爆発的な反応が期待できる」と明かした。

特にリーダーのユンホが明日21日、チャンミンが年内に入隊する予定であるため、しばらく東方神起の新しいアルバムはリリースされないと見られる。そのため、今回のスペシャルアルバムは2人がファンに対する感謝の気持ちを込めて作った特別なアルバムとなっている。

今回のアルバムにはメンバーそれぞれのソロ曲であり、ダブルタイトル曲であるユンホの「Champagne」とチャンミンの「Rise As One」を含め、東方神起の多彩な魅力を楽しめる10曲が収録された。売れっ子作曲家のユ・ヨンジン、世界的なプロデューシングチーム「The Underdogs」、伝説的なR&Bグループ「All-4-One」のJamie Jones、イギリスの作曲家チーム「LDN Noise」、Toby Gad、Arty、Kenzie、hitchhikerなど国内外のヒットメーカーが数多く参加し、アルバムの完成度をさらに高めた。

またタイトル曲の他にもメンバーそれぞれのソロ曲を収録する。ユンホの夢幻的なボーカルが印象的なソロ曲「Komplikated」は重厚感のあるミニマルなベースと洗練されたシンセ楽器が調和したディープハウスジャンルの楽曲であり、チャンミンのボーカルが際立つソロ曲「Apology」は別れの悲しみを切なく表現したPB R&Bトラックで、「The Underdogs」とプロデューサーのDeezのコラボレーションで完成した。

ユ・ヨンジンが手がけた楽曲「Top of The World」にはいつもお互いを応援し、大事に思っている東方神起とファンの物語を盛り込んだ。伝説的なR&Bグループ「All for one」のJamie Jonesが作曲した洗練されたミッドテンポのR&B曲「Everyday It Rains」、危険なファムファタール(魔性の女)に夢中になる男性の物語を描いた「Vertigo」もリスナーを楽しませる。

他にも愛する恋人の笑顔を毎日見たいと願いながらプロポーズするストーリーを描いた「Smile」、強烈かつ切ないメロディーが耳を虜にする洗練されたR&Bトラック「Dominus」、いつもそばにいてくれた恋人にこれからは僕が星になって照らしてあげるという告白を込めたメディアムテンポの曲「Lucky Star」まで計10曲が収録される。

20日午後、東方神起の公式サイトやSMTOWNのYouTube公式チャンネルなどでユンホの「Champagne」、チャンミンの「Rise As One」のミュージックビデオも公開される。これに先駆けて公開された予告映像を通じてメンバーたちの新しい変身に高い関心が寄せられただけに、今回のミュージックビデオも注目されると見られる。

東方神起のスペシャルアルバム「RISE AS GOD」は本日(20日)発売される。

記者 : キム・カヨン