【スターコラム】SISTAR ソユ vs カン・ジヒョン ― Vol.4

KSTYLE |

美容業界の期待の星カン・ジヒョンから、韓国最高のガールズグループSISTARになったソユ。だけど、彼女の夢はここでは終わらない。SISTARとしての活動だけでなく、人々にたくさん愛される万能エンターテイナーになるために今日も努力している。彼女が自身の才能と努力で成長し、夢を叶える日が楽しみだ。/編集者

NAVER スターコラム:SISTAR ソユ

美容資格を持っているアイドル、私の名前はカン・ジヒョン

私の本名は、カン・ジヒョン!幼い頃から歌を歌うことが好きだった私は、テレビに出てくる歌手のダンスと歌を真似するタレント性のある子供だった。だけど、漠然と夢見ただけで、歌手になるためにはどうすべきか全く分からなかった。ただ、テレビの中の綺麗な芸能人に興味を持ち、自然に“美容”の世界へと進んだ。

それから私は、メイク、ヘア、ネイルアートなど、美容に関する勉強を一つずつ始め、時間が経つにつれ美容の楽しさにすっかりハマッてしまった。中学生の頃には、美容資格を取得して、美容大会にも出るようになった。偶然訪れた幸運のおかげでSISTARのメンバーになって歌手の夢を叶えたけど、もし歌手になっていなかったら、今ごろ美容業界の期待の星になったのではないだろうか?^^と時々思う。

美容が私の学生時代の大半を占めたことは事実だけど、歌手になる夢を諦めることができなくて、勉強しながらもオーディションを受け続けた。そんな中、偶然今の事務所の練習生になった。その時は練習生になっただけなのに、まるで歌手の夢を叶えたかのように感激した^0^

カン・ジヒョンからSISTARのソユになった私の夢は、もっと頑張ってより多くの人にSISTARを知ってもらうことに変わった。10年後もSISTARのメンバーとして世界中でコンサートを行って、ステージでファンとコミュニケーションをとることを望んでいる。またSISTARというグループのメンバーを超えて、ソロアーティストのソユとして歌手だけでなく、演技、MCなどあらゆる方面で才能を発揮する万能エンターテイナーに成長したいと思う!!!(頑張ります~!見守ってください~!)


ダイエットは難しくて……(涙)

おいしいものが好きで、おいしい店を探し歩くことが趣味の私には、ガールズグループの必須項目である“ダイエット”はまるで戦争のようだった。今は、私に合うダイエット方法とコツが分かってきたけど、何も知らなかった練習生時代にはただ食べないだけのダイエットをしていたので、私にとってはすごく大変だった。シクシク(涙)

デビューして間もない頃の、ダイエットに関する辛い(^^;)エピソードが一つある。デビュー曲「Push Push」のMV撮影現場で起きたこと! 当時メンバー全員がダイエットをしていたんだけど、明け方まで続く撮影だったので夜食にトーストが配達されてきたのだ。12時間以上続いた撮影で疲れて空腹だった私たちにとって、卵トーストは拒むことのできない誘惑だった(涙) トースト一つを隠してトイレに入って、メンバーと分けて食べたことを覚えている。その時食べたトーストの味は一生忘れられないと思う(トイレで隠れて食べるトーストの味というのは……何を想像してもそれ以上!)


ソユのダイエットの秘訣を大公開!

以前、私の大幅減量が大きな話題になったこともあり、たびたびダイエットの秘訣を聞かれる。正直、特別な方法があるわけじゃない。ただ、自分に合った運動と食事を調整するくらいだ。本当に数多くあるダイエット方法の中で、自分に合ったダイエット方法を見つけることが、精神的にも肉体的にも良いと思う。それでも、数々のダイエット経験を経てたどり着いたソユ式ダイエット方法を少し公開しよう!

ダイエットにおいて私は食事療法を重視する方だ。何より塩を遠ざける。塩分をあまり摂らないようにすれば食欲調節にも大いに役立つし、体がむくむ恐れもない。塩分を最小限にし、自然に近い食べ物を食べると良いと思う^^

そして、ダイエットを始めると同時に写真をたくさん撮ることも重要だ。ダイエットを始めた瞬間から毎日写真を撮ることは、重要な刺激になる。少しずつ変わっていく自身の姿に自信を持つようになり、気分もアップ! また、毎日ダイエット日記を書くこともいい。「ダイエット日記」には、今日撮った私の写真1枚と今日食べたもの、運動量、そして体の状態を詳細に書く。体の状態を記録することはすごく重要だ。めまいや体に異常が出たら、しばらくダイエットを中止し、休まなければならないためだ。このように毎日詳細な記録を残しておくと、またダイエットを始めようとする時に、日記が“私だけのダイエット教本”になる!

もう一つ! ダイエットで食事療法とともに欠かせないことは、運動だ。私は、主に全身運動をするけれど、特にサーキットトレーニングは心拍数を一定に保ってくれるので私に一番よく合っている。日常生活の中でも、片手間に運動が必要だ。ステージに上がる前に壁に手のひらを当てて足を後ろに上げるヒップアップ運動、足を揃えて椅子に座ったような姿勢をとる運動とストレッチを欠かさずする。軽い運動の後にステージに上がれば、より綺麗なボディラインになり、ダンスがよく表現できると思う。

最後に、ダイエット最大の敵!空腹だ(涙) 私は水をいっぱい飲んで空腹感を減らし、私だけのスペシャル弁当で食事を調整する。水分の多い野菜(キュウリ)と果物、たまにササミを食べて満腹感を得る。最初のころは、たんぱく質とビタミン中心の食事! その後からは、たんぱく質と炭水化物を少しずつ増やしていく。

ダイエットをしていると悲しくなる。それはアウトサイダーになるためだ。私は、なるべく人に合わずメンバーとも離れて努力する。一緒にいると誘惑に負け、結局食べてしまうからだ。ふっ(涙) たまに周りから離れている私の姿を見て心配してくれるファンの方もいるけれど、そういう理由なので決して誤解しないでほしい^^


バリスタのソユになる日まで

以前は甘いコーヒーが好きだったけど、ダイエットしながらアメリカーノにハマッてしまった。疲れた時、濃いコーヒーを一杯飲めば気分転換には最高だ。また、運動前に薄いアメリカーノを一杯飲めば、運動している間、力が生まれる。

今はコーヒーを飲むことが好きだけど、機会があればバリスタの勉強もしてみたい。たまに家で私だけのコーヒーを作って飲むこともあるが、アメリカーノは基本! カフェラテ、キャラメルマキアートなど、難易度の高いコーヒーも簡単に作ることができる。メンバーからたまに私が作ったコーヒーがおいしいと言われると、良い気分になる^^ バリスタ・ソユになる日まで、みんな楽しみにしていて!


ソユの卵肌になる手入れ法

私は、少し疲れたり調子が良くないと肌が荒れてしまう。だから、普段から肌の手入れにたくさん時間をかける方だ。毎日仕事が終わった後、二重洗顔で肌をきれいにした後、基礎化粧品をしっかり使うことが私の基本的なスキンケア方法だ。

毎朝冷たい水を一杯飲むことも、私だけのスキンケア方法! また、よく顔がむくむタイプなので、そんな時はいつも緑茶で顔を洗う。前日1.5リットルの水に緑茶のティーバックを3~4個入れて冷蔵庫に入れておく。そして朝、できあがった緑茶で顔を洗えば顔のむくみもなくなり、肌の調子も良くなるので、一石二鳥の効果がある。

夜にはフェイスオイルを顔に塗って、蒸しタオルを顔に当てた後、冷たい水で顔を洗って最後にエッセンスで仕上げる~! これは寒くて乾燥した冬、家で簡単にできるマッサージ方法だから必ず一回挑戦してみて!


ソユの大事な縁、ヒョリン&ボラ&ダソム!

SISTARのソユとして生きてきた時間は、カン・ジヒョンとして生きてきた人生より大きな意味を持つ。デビューから2年半という短い間に、カン・ジヒョンとしてはできない数多くの経験をしてきたから。感謝すべき人たち、感謝すべきことをたくさん持っている私は、本当に幸せな人間だと思う。何よりうちのメンバーのヒョリン、ボラ、ダソム! デビューしてから今までメンバーと一緒に過ごしながら笑ったり、泣いたりした思い出が本当にたくさんある。

夏に「Loving U」のMVを撮影するため、ハワイに行った時のことだ。道を歩いていたある黒人が私たちを見て驚いた様子だったので、「あの人、もしかして私たちのこと知っているのかな?まさかね……」といたずらに話をしていたけど、本当にその人が近づいてきて、かばんの中から私たちのアルバムを取り出してサインして欲しいと言うではないか! 本当に驚いた。コンサート会場でもないところでそんなことが起きるなんて。とても不思議だったし、有頂天になった。

SISTARとして活動しながら、私たちが韓国のK-POPを知らせる歌手として活動していることを誇らしく思う時がたくさんある。海外でコンサートを行う度、私たちに向けた海外のファンの応援と歓声は私の胸を躍らせる。

今日も私は、SISTARが韓国を代表する顔だと思い、全てのことにもっと努力しなければならないと決意する。私たちは今日も走っていく。辛く険しく厳しい道だけど、それでも“SISTAR”だから走る。

ガールズグループとして韓国を発信するというプライドは、私たちを支えてくれる活性剤だ。そして、ソユを愛するたくさんの方に必ず申し上げたい言葉は?“感謝”だ。

ありがとうございます!心から!!

文:SISTAR ソユ

「NAVER スターコラム」は、注目の俳優やアイドル、アーティストたち本人がコラムを執筆。話題のスターが直接書いたコラムをお届けしています。

記者 : Kstyle編集部、編集 : ファン・ヨンヒ(イシューデイリー局長)