韓国の人気大食いYouTuberツヤン、元恋人から4年間脅迫・暴行の被害に「お金も取られた」(動画あり)

MYDAILY |

写真=tzuyang YouTubeチャンネルキャプチャー
チャンネル登録者数1020万人超えの大食いYouTuberのtzuyang(ツヤン)が、4年間元恋人から暴行と脅迫、そして違法撮影の被害に遭ったことを明かした。

彼女は本日(11日)、自身のYouTubeチャンネルを通じて「全てお話しします」というタイトルの生配信を行った。tzuyangは「私はインターネット放送を始める前、学校に通っていたが、休学した」とし「当時、彼氏のA氏と交際していたが、彼は付き合い始めてまもなく暴力的な姿を見せた」と話を始めた。

また「『別れよう』と伝えたが、多くのことが起こった。私が知らないうちに撮られた動画があり、その動画で脅迫され、別れられないようにした後、たくさん殴られた。傘や鈍器などを使って暴行された時もあった」とし「彼が働いている所に連れて行かれ『座って酒だけ注げばいい』『話相手になってあげるだけでいい』と言われ、そのような仕事を少しした。そこで働いて稼いだお金は、全部奪われた。振込の内訳もある」と、強制的に遊興施設で働かされたことも告白した。

A氏が彼女にお金を稼いでくることを強要したため、彼女はインターネット放送を始めた。A氏は、彼女が放送初期に稼いだお金を全て奪い取ったが、人気が上昇すると、自ら所属事務所を立ち上げ代表になった。彼女は収益を3対7の割合で分ける不公正な契約を強要され、A氏は彼女のYouTubeの広告収益なども全て横取りした。彼女が裏広告(広告料をもらっていながら広告であることを明記していない広告)疑惑に巻き込まれると、A氏は放送をやめさせ、その後、世論が落ち着くと、復帰を促したという。

彼女は「これ以上耐えられなくて、先日『持っているお金を全部あげるから別れてほしい』と頼んだが、A氏は『これでは満足できない。放送を始めたのは僕のおかげではないか。今までのお金も僕のもので、これから稼ぐお金も僕のものだ』と言って脅迫された」と明かした。さらに、「A氏が家の前まで来て、職員たちに連絡し、『家族を殺す』と脅迫した」と吐露した。

A氏の行動に我慢の限界を超えた彼女は、最終的に告訴した。彼女の法定代理人は生配信で脅迫メッセージの証拠を公開し、A氏を性的暴行、常習的暴行、常習的脅迫、傷害、恐喝、強要、性暴力犯罪の処罰等に関する特例法違反(通信媒体を利用した淫乱行為)などの疑いで、刑事告訴したことを知らせた。

A氏は善処を求め、、該当事案に言及しないことを約束したが、その後、約定に違反したため、tzuyangは2次告訴を進めることになった。容疑が多いため、懲役5年以上の処罰が予想されたが、A氏は極端な選択をしてこの世を去った。そのため公訴権なしで不送致となり、刑事事件は終結した。

tzuyangが受け取ることができなかった清算金は、約40億ウォン(約4億円)にのぼるという。

記者 : イ・ジョンミン