Vol․2 ― OMEGA X、初来日のメンバーも!日本で楽しみにしていたことは「アニメ、ラーメン、ビール!」

Kstyle |

2021年6月に「VAMOS」で韓国デビューした11人組ボーイズグループOMEGA X。韓国ではこれまで2枚のミニアルバム、そして今年6月には1stフルアルバム「樂서:Story Written in Music」をリリースし、活発な活動を展開している。そんな彼らは韓国デビューから約1年で、早くも日本デビュー。東京・大阪でリリースイベントとツアー開催のため、待望の初来日を果たした。8月24日にリリースした日本デビューミニアルバム「Stand up!」は、収録曲5曲をすべて日本オリジナルで構成。

今回、OMEGA Xとして初来日した彼らにインタビューを敢行! 後編では日本デビューアルバムのポイントや来日の感想など、たっぷりと語ってもらった。

Vol․1 ― OMEGA X、待望の日本デビュー!11人での共同生活でルールや大変なことは?

【PHOTO】OMEGA X、初来日に感動!「これから日本でもたくさんのファンに会いたい」

【プレゼント】OMEGA X直筆サイン入りポラを3名様に!応募はTwitterをフォロー&リツイート

 

OMEGA Xの新しい魅力が詰まったアルバム「Stand up!」

――日本デビューミニアルバム「Stand up!」は、5曲全てが日本オリジナル楽曲で構成されています。全5曲の紹介と魅力を教えてください。


1. Stand up!

JAEHAN:聴いていただけたら分かると思いますが、楽しく明るい雰囲気の楽曲なので、皆が気楽に聴けて楽しめると思います。またステージを見ていただければ、メンバー一人ひとりの魅力が見える曲だと思いますので聴く楽しさ、見る楽しさの両方があります。初めて日本語曲を歌ったので、声もまた新しい感じがすると思います。そして何より「Stand up!」がタイトル曲になってよかったと思うことは、明るいエネルギーをお届けできる曲であるという点です。

ジョンフン:聴いた時、すごくすがすがしい感じがすると思います。夏にすごく合いますし、MVでは海でサーフィンもして風にあたりながらダンスもして。聞いたら思わず“Stand up”してしまう曲だと思います。


2. luv'em

YECHAN:「luv'em」は「Stand up!」とはまた違う感じなのですが、こちらも楽しい雰囲気の楽曲です。ラップにトムとジェリーというキャラクターが登場します。ハンギョム兄さんがトムで、僕はジェリーなのですが、その部分でティキタカ(相性が良く、ポンポンとやり取りする様子)が感じられると思います。また、他のメンバーのパートごとにポイントが必ずあって、パフォーマンスも自由な雰囲気なので、僕たちが楽しんでいる様子をファンの皆さんんも見て楽しんでいただけると思います。

JUNGHOON:プロデューサーのAshさんがシャンパンをイメージしたと言っていたので、それをイメージして聴いていただけると華やかで、また新しい感じで聴いていただけると思います。


3. i'm sorry

JEHYUN:「i'm sorry」は、ダンスのないバラード曲ですが、11人の歌声の相性がすごく良いです。これまでの曲にはけっこうラップが多いですが、この曲にはラップがないです。ですのでラッパーの歌声にも注目してほしいです。


4. Drive

XEN:「Drive」はタイトルの通り、ドライブをする時に聴くとよい曲だと思います。それから「Stand up!」と同じくらい爽やかで楽しい雰囲気の曲なので、曲を聴いて一緒に飛び跳ねて、楽しく遊んでほしいです。ファンの皆さんがドライブする時、僕たちのことを考えながら聴いてくれたら嬉しいです。


5. #BRB

JAEHAN:「#BRB」はスウィートな曲です。隠すことのできない好きという気持ちを伝える内容で、聴くと気分が良くなる曲ですので、好きな人と一緒にいる時に聴いたらいいと思います。

XEN:僕のパートで「分かってないない 君はルチノー」という歌詞がありますが、ルチノーという単語を知らなくて調べました。インコにそういう種類があるみたいなんです。

KEVIN:個人的にこの曲はファンの皆さんと一番交感できる曲だと思います。
 

「Stand up!」夏にぴったりな曲“MVでは海でサーフィンやビールも”

YECHAN
――リード曲「Stand up!」を初めて聞いた時の印象はいかがでしたか?

TAEDONG:最初聴いた時もすごく楽しそうだと思って、メンバーの声とダンスが加わったら僕たちだけでなくたくさんの方々と楽しめる曲になるだろうと思いました。

SEBIN:(日本語で)わぁ~夏にぴったりだと思いました。でも最初は音楽が5分くらいあって、長くない? って(笑)。最終的には3分20秒くらいになりました。良い曲だけど長いねって(笑)。曲が終わらないからびっくりしました(笑)。韓国は今もっと短い曲が多いですね。

――MVを見ると、美しい海を背景にパフォーマンスをする姿がとても爽やかで、これまで韓国で活動してきた曲とはギャップがあると思います。MV撮影で記憶に残っているエピソードがあれば教えてください。

HANGYEOM:当時僕たちがどこかに遊びに行きたいなと思っていたのですが、MV撮影で江原道(カンウォンド)の襄陽(ヤンヤン)の海に行くことができて、たくさん遊べましたので楽しかったです。

ヒョク:僕はサーフィンもしました!

XEN:ヒョクさんがサーフボードを持ってくるシーンで、その後ろに映っている僕のおでこが大きくて、良く映ってないのでそのシーンは削除したいです(笑)。

SEBIN:(日本語で)大丈夫、ブスじゃないよ(笑)。ビールで乾杯するシーンがあって、そのシーンが一番好きです。実際にビールもちょっとだけ飲みました(笑)。

JAEHAN:暑かったからビールも温かかった(笑)。

メンバー一同:(笑)

HYUK
――これまでやってきた曲とのギャップは感じませんでしたか?

KEVIN:韓国でリリースした「PLAY DUMB」が明るくていたずらっ子のような雰囲気の曲なので、似ているかと思いきやそれとはまたちょっと違う、新しい曲ですよね。

JAEHAN:今回はプロデューサーのAshさんが全体的なプロデュースをしてくださって、メンバーたちがある意味参加していないアルバムになるのですが、それが僕はむしろ良かったと思っているんです。僕たちの新しい姿を引き出してくれましたし、僕たちがやったことのなかったスタイルの音楽をやったことで、OMEGA Xの新しい魅力が詰まったアルバムになったので良かったと思います。

――「#BRB」は、ジョンフンさんとハンギョムさんが振付に参加されたんですよね。ダンスはいかがですか?

メンバー一同:(日本語で)めっちゃ可愛いです!

SEBIN:(日本語で)一緒に踊りやすい、難しくないダンスですね。

KEVIN:ファンの皆さんも覚えてくれました。

――日本語での歌唱はいかがでしたか?

HWICHAN:日本語の発音は難しいものもありますが、今日の雰囲気や感情を伝えることは十分に練習しましたので、難しいことはありませんでした。難しいのは発音だけですね。
 

初来日のメンバーも!日本で楽しみにしていたことは?

JEHYUN
――日本での初公演に向けて特別に準備したことはありますか?

SEBIN:(日本語で)今回は日本のファンの皆さんに聴かせたくて、日本の音楽を準備しました。ジェハンさんやジェンが準備していることがあります。

SEBIN&XEN:胸ぐらを掴まれて~強烈なパンチを~!

XEN:Official髭男dismさんの「Cry Baby」です。

SEBIN:カバーを披露するわけじゃないんですが、ただ少しだけ歌ってファンのみなさんに聞かせたら喜んでくれるかなと思ってたくさん練習しました。

HANGYEOM:東京と大阪だと、内容が微妙に違います。

YECHAN:そうですね、あと同じ曲でも、その時の雰囲気でアドリブを入れたり入れなかったりもしますね。

HANGYEOM:東京と大阪だと、トークタイムで話す内容も違うものを準備しています!

――今回が初来日のメンバーもいるそうですが、日本でやりたかったこと、楽しみにしていたことはありましたか?

XEN:僕は写真を撮ることがすごく好きです。それで日本の道を撮りたかったんです(ここまで日本語)。どこに行っても道がキレイです。でも残念なことは、公演の準備やスケジュールのため、写真を撮れる時間が夜しかないんです。渋谷は夜も明るくてキレイなところなのでよかったですが、大阪に行ったら他の地域に行った時は昼の風景を見てみたいです。

SEBIN:そうだよね、道にゴミが落ちてなくてすごいと思います。

JEHYUN:今回は難しいですが、札幌に行ってみたいです。雪が降っている時に行ってみたいですね。今回初めて日本に来たましたが、道を歩いていると、たまに韓国と似ていると感じることもあるのですが、日本だけの感性がはっきりとあるなと思い、そこが良かったです。それから日本の方たちはすごくおしゃれですね。

HWICHAN:初来日でしたが、日本がすごく好きになりました。コンビニも素晴らしいですし、一人でコンビニでおにぎりを買うことにも成功しました(笑)。

JUNGHOON
――他の皆さんは来日を控えて期待していたことはありましたか?

SEBIN:(日本語で)お祭り!

XEN:(日本語で)花火!

JAEHAN:(日本語で)僕は猫ちゃんです。道端の猫たちと遊びたかったのですが、一匹も見かけていません。

KEVIN:猫島と呼ばれているところもあるよね?

JAEHAN:はい、それが大阪に近いところにあると聞いて、行きたいですが今回は行けないので、次回行きたいです。

XEN:すぐまた来ないとね。

JAEHAN:僕の想像とこれまで見てきた感じからですが、日本の猫は人を警戒しないイメージがあったんです。

KEVIN
HANGYEOM:僕はコロナ渦前に日本へ何度か行ったことがあって、その時は行きたいところに全て行くことができました。その中でも、また原宿で買い物をしたいです。以前行った時には回転寿司をものすごくたくさん食べて楽しかった思い出があります。あと来る度に思いますが、日本のタクシーは自動でドアが開くのがすごいですね(笑)。今回買ったものだと、ドン・キホーテで帽子とズボンを買いました。

JUNGHOON:僕は両親へのお土産でお酒と太田胃散を買いました。日本の胃腸薬はいいと有名ですよね。

YECHAN:僕は具体的に行きたいところはないのですが、ホテルの周辺を歩きながら、カフェや洋服屋さんに行ったり、写真を撮りたいと思いました。スケジュールが朝早くから夜遅くまであるので、洋服屋さんはもう終わっていて、ショッピングはできなかったのですが、写真はいろいろと撮れました。

HWICHAN:僕は沖縄で民宿に泊まってみたいです。

HYUK:僕は大阪にあるゴールドジムというジムへ本当に行ってみたいです。それから水が好きなので、海に行きたいです。

――ゴールドジムはどのように知ったのですか?

HYUK:世界的に有名なジムがアメリカや日本にあります。運動を始めてから、いつかアメリカや日本に行ったら絶対にそこに行こうと思っていて、日本では大阪にあるゴールドジムが特に大きいと聞いたんです。
 

OMEGA Xが好きな日本のもの「アニメ、ラーメン、ビール!」

XEN
――他に日本の好きなものはありますか?

TAEDONG:僕は日本のアニメです。(日本語で)ホント好きです! 以前秋葉原に行ったことがあったのですが、(日本語で)ホントびっくりした(笑)。韓国では見ることのできないアニメ文化が定着していて、僕には聖地のように思えました。最高でした!

――具体的にはどんなアニメが好きですか?

TAEDONG:ジャンルの偏りなくいろいろ見ますが、1番は「ポケモン」!あと「NARUTO」「ONE PIECE」「BLEACH」とか……。

XEN:「NARUTO」大好き。

SEBIN:(日本語で)「鬼滅の刃」大好き! あと「呪術廻戦」も好きです!

KEVIN:「進撃の巨人」!

SEBIN:「東京卍リベンジャーズ」!

JAEHAN:僕はジブリが好きです!

SEBIN:(日本語で)あと僕、最近日本で財布をなくしたんです(笑)。でも警察の方に手伝っていただいて、今日見つかりました! 日本では忘れ物を見つけたらすぐに電話したり届けるって聞いていたんです。韓国もそうすると思いますが、日本ほどではないと思います。それにすごく感動しました。6年間使っているすごく大切な財布だったので、こうやってさよならしちゃうのはちょっと……(笑)。だからよかったです!

XEN:僕はビール、レモンサワー! 最高です!

SEBIN:(日本語で)僕が教えてあげました(笑)。

XEN:アルコール度数9%のSTRONGもとてもおいしいです。日本の生ビールを初めて飲みましたが、すごくおいしいですね。

SEBIN:11人いるので、4人、4人、3人で分かれて食事して、その時に乾杯もしました。

TAEDONG
――日本にいる間に食べたいものはありますか?

JUNGHOON:僕はお好み焼き、ラーメン、たこ焼きを食べたいです!

TAEDONG:(日本語で)ネギトロを食べたいです!

JAEHAN:(日本語で)もつ鍋!

KEVIN:ラーメン! つけ麺!

JAEHAN:食べたいんですけど、スケジュールが終わる時間がいつも遅いので、近所のお店は閉まっています……。

KEVIN:焼き鳥も!

SEBIN:トリキ(鳥貴族)!

XEN:うに丼も! うに丼とビール(笑)。

メンバー一同:(笑)

HWICHAN:今回食べたものだと、コンビニのスパムおにぎりがおいしかったです!
 

「僕に足りないところを他のメンバー10人が埋めてくれる」

HANGYEOM
――初めて会った時のメンバーたちの印象や、当時デビューを控えて心配や期待したことがあれば教えてください。

KEVIN:みんなが最初に集まった時はまだ仲良くなかったからというのもあると思いますが、チームだけどこの中で生き残らないといけないと思って、一生懸命頑張ろうと思っていました。

XEN:僕は最初、セビンさんを初めて見た時、本当に合わなそうだなと思いました(笑)。セビンさんはコミュ力が高いけれど、僕はすごく人見知りなので、最初は大変そうだなと思っていました。でも今は本当に大好きなお兄さんになって、兄さんのおかげで僕の性格が変わりました。他の兄さんたちの影響もありますし、みんなに感謝したいです。

――このメンバーでデビューすることになり、当時思ったことやメンバー同士でどんな話をしたのか教えてください。

HYUK:僕たちは一度デビューして、いろいろなグループから集まったグループじゃないですか。だから絶対に成功して、僕たちと同じような境遇の人を救いたいというか、僕たちみたいな人にもまだチャンスはあるんだと示せるようなチームになろうと話しました。

HWICHAN:希望を伝えるチームだよね。

HANGYEOM:機会を与えるというよりは、僕たちを見て、まだ諦めないでというメッセージを伝えたいですね。でもそのためには成績が良くなければいけないですから。そうならないといけません。

HWICHAN:僕たちが象徴にならないとね。

SEBIN
――異なる活動をしてきたメンバーたちが集まりましたが、難しかったことや良かったなと思うことはありますか?

HANGYEOM:まずはメンバー数が多いので、メイクなどにかかる時間がすごく長いです(笑)。11人いるので、車も6人と5人に分かれて乗りますが、6人の方に乗ると、1人は居心地の悪い席に座らなければなりません。そういうのはありますが、11人で良い点は、退屈じゃないことです。気分があまりよくない時も、メンバーを観察していると皆面白いので、「あの子は何を考えてあんなことしているんだろう?」と考えると楽しいです(笑)。

メンバー一同:(笑)。

HANGYEOM:僕に足りないところを他のメンバー10人が埋めてくれるというところも頼もしいです。

JUNGHOON:どこに行っても必ず誰か1人はいますね。トイレに行ったら2人いて、楽屋に行ったらまたいて、楽屋の外にまた何人かいるみたいな(笑)。寂しくないですね。

HYUK:僕はメンバーと趣味を分かち合えるという点がいいと思います。中学3年生の時から練習生をしましたが、僕と同じ趣味を持っている人はほぼいなかったんです。いたとしても、一緒にやるような時間はなかったり。でも今は、サッカーやゲームなど趣味が似ているメンバーが多いので、一緒に楽しめることが多いです。それから僕はもともとボーリングをしなかったのですが、ジェハン兄さんが好きなので習ったら楽しくて。そういう風にお互いに習ったり、一緒にできたりと共有できることが楽しいです。

TAEDONG:みんなそれぞれの経験があるので、お互いに配慮してサポートをたくさんしているので、難しいよりはこれで良かったと思っています。1人でやるものと思っていたところをお互いに面倒を見てあげる感じなので最初は慣れなかったのですが、今ではそれがすごくいいと思っていて、これまで一度もけんかすることなく過ごしています。
 

日本での目標「いろんな都市に行ってたくさんのファンに会いたい」

HWICHAN
――韓国でデビューして1年ほど活動してきましたが、いかがですか。

JEHYUN:活動の内容としては、以前のグループと大きく変わるものはなかったのですが、ちょっと違う感じがしていました。僕はもともと5人組で活動していたので、突然メンバーが2倍以上になったため、最初はとまどいもあったんです。でも今ではすごく頼もしいと思います。僕のいたらないところも10人がカバーしてくれますし、メンバー間のティキタカが良いです。

HANGYEOM:正直僕は、2ndミニアルバムの発売前まではデビューしたというよりも、カムバックしたという感じだったんです。でも特に2ndミニアルバムの活動で、僕たちってメンバーたちの相性がすごく良いし、かっこいいなと思いました。11人もいるのでステージをぎっしり埋め尽くしている感じもしますしね。

YECHAN:少し残念なことは、僕たちがコロナ渦にデビューしたので、ファンの皆さんと直接会うのにちょっと時間がかかったということですね。日本にも今になって来れたので、これまでファンの皆さんと直接コミュニケーションをとる機会があまりなかったと思います。会えなかった時間、ファンの皆さんに直接会えたらどんな感じだろうかとたくさん想像してきました。これからはたくさん会って、ファンの皆さんと一緒に公演をやって、かっこよく、楽しいステージをたくさん作りたいです。

JAEHAN
――これから日本でやりたい活動や目標を教えてください。

HANGYEOM:東京ドームでのコンサートです。もちろん東京ドームで公演をするまでになるためには、たくさん努力をして、活動もたくさんしなければいけませんから。これは来年とか(笑)? 数年後ですね。その前に日本で、アクリル板なしに、気楽にサイン会やイベントをやりたいです。また、今はコロナ渦ですので気をつけなければいけない部分が多いので、今後は日本でスケジュールが終わったら自由に外出も楽しめたらいいなと思います。日本の街はすごく美しいので、メンバーたちと写真も撮って、日本の感性を収めたいです。

SEBIN:もちろんステージの上にいるのも大事ですが、日本のファンの皆さんと仲良くなりたいと思っているんです。そのためには番組にたくさん出ることが大事だと思います。ラジオとかバラエティ、生放送とか。24時間生放送の番組も昨日見たんですけど(「24時間テレビ」)それも面白くて。

メンバー一同:そんなのもあるの? すごいね。

JAEHAN:今回日本デビューをして、実際に来てみて日本に長くいたいとたくさん思いました。韓国、日本、そして他の外国にも一回は行ってみたいです。OMEGA Xを応援してくれる方がいるところであれば、どこへでも行きたいので、そのためには僕たちがもっと一生懸命頑張らないといけないと思います。さらに良い姿をお見せします!

YECHAN:今回は東京と大阪でしたが、今後は他の都市にも行ってファンの皆さんに会いたいですし、公演もやりたいです。

フィチャン:日本語の勉強を頑張って、次に来る時はもっと楽しくコミュニケーションができるようになりたいですね。

――日本ファンにメッセージをお願いします。

HWICHAN:東京を僕たちの第2の故郷にしたいです!

HANGYEOM:すごく気に入ったみたいですね。

HWICHAN:はい(笑)!

KEVIN:まずオンラインでしか会ったことのなかった日本のファンの皆さんに直接会うことができてとても光栄でありがたかったです。僕たちを愛してくれてありがとうございます。すでにまた来たいという気持ちになっていますが、次に日本へ行く時にはさらにかっこいい姿をお見せします!

HANGYEOM:日本のファンの皆さんがずっと待っていてくれた分、OMEGA Xがかっこいいステージ、歌を持って日本に来ました。声が出せませんが、一緒に楽しんで、拍手と僕たちが教えた振付で応援してくれたら嬉しいです。

JUNGHOON:今後も日本で新曲をリリースしたいです!

JEHYUN:日本は近いですから、それだけたくさん来たいですよね。

YECHAN:待っていてくれるのなら僕たちが行きますので、たくさん愛してください! 大好きです!

HYUK:新型コロナウイルスのため、2~3年お会いできなかったと思いますが、また会うことができてとても嬉しいです。この貴重な時間をもっと幸せなものにします、これからも幸せでいましょう!

撮影:朝岡英輔

■リリース情報
日本デビューミニアルバム「Stand up!」
好評発売中

【初回限定盤A】(CD+DVD)
TKCA-75043 価格:¥2,600(税込)

<CD収録内容>
1. Stand up!
2. luv 'em
3. i'm sorry
4. Drive
5. #BRB

<DVD収録内容>
「Stand up!」MV&メイキング映像

【初回限定盤B】(CD+Photo Book)
TKCA-75044 価格:¥2,600(税込)

<CD収録内容>
1. Stand up!
2. luv 'em
3. i'm sorry
4. Drive
5. #BRB

<Photobook>
豪華フォトブック

【通常盤】(CD)
TKCA-75045 価格:¥2,000(税込)

<CD収録内容>
1. Stand up!
2. luv 'em
3. i'm sorry
4. Drive
5. ♯BRB
6. OMEGA X(JP ver.)

■関連リンク
OMEGA X日本公式サイト:https://omegax.jp/

記者 : Kstyle編集部