GOT7 ヨンジェ、歌手Loveyと突然の熱愛説…事務所が否定「お互いの活動を応援する仲」

Newsen |

写真=ワーナーミュージックコリア、Lovey SNS
GOT7のヨンジェが、歌手のLoveyとの熱愛説を否定した。

ヨンジェの所属事務所Sublime Agencyは6月27日、報道資料を通じて「ヨンジェの熱愛説は事実ではありません」と明らかにした。

続けて「2人は音楽的な同僚で、それぞれのアルバムに参加しただけに、お互いの活動を応援しています」と付け加えた。

5月23日に発売されたGOT7のミニアルバム「GOT7」の収録曲「Drive Me To The Moon」には、ヨンジェとLoveyが共同作詞家としてクレジットに上がっている。この曲はヨンジェが「GOT7が、ファンのI GOT7と一緒だったら、どんなことでもできる気持ち」を込めた楽曲だ。

またヨンジェは、昨年12月27日に発売されたLoveyのミニアルバム「:」のタイトル曲「hurry」に作詞・作曲、フィーチャリングボーカルとして参加した。この曲には、Loveyの実兄である作曲家のBrother Suも作詞・作曲・編曲・編曲に参加した。

・GOT7 ヨンジェ、タイトル曲「SUGAR」MVを公開…明るく楽しい雰囲気が一変?

・GOT7 ヨンジェ、メンバーへの深い愛を伝える「家族のような存在」

【Sublime Agency 公式コメント全文】

Sublime Agencyです。

弊社所属のアーティスト、ヨンジェの熱愛説に対して公式コメントを発表します。

まず、ヨンジェの熱愛説は事実ではありません。

2人は音楽的な同僚で、それぞれのアルバムに参加しただけに、お互いの活動を応援しています。

これからもファンの方々とより良いコンテンツでコミュニケーションできるように最善をつくします。ありがとうございます。

記者 : ファン・ヘジン