ユ・アインからアン・ウンジンまで、Netflix新ドラマ「終末のフール」に出演決定…伊坂幸太郎の小説を脚色

MYDAILY |

写真=United Artists Agency
アン・ウンジンとユ・アインが、Netflix新ドラマ「終末のフール」への出演を確定した。

同作は、地球と小惑星の衝突まで200日、目の前に予告された終末を前に、混乱に陥った世界と残りの時間を生きる人々の物語を描くNetflixオリジナルシリーズだ。伊坂幸太郎が執筆した同名の小説が原作になっており、Netflix「人間レッスン」「マイネーム:偽りと復讐」のキム・ジンミン監督と、ドラマ「密会」の脚本家チョン・ソンジュの出会いで話題を集めた。

ここにアン・ウンジン、ユ・アイン、チョン・ソンウ、キム・ユネなど、題材にふさわしい斬新で目を引くキャスティングを発表し、期待を高めている。

アン・ウンジンはドラマ「賢い医師生活」シリーズから、Netflix「キングダム」シリーズ、現在放送中のJTBC月火ドラマ「一人だけ」まで、活発に活躍している俳優だ。そのような彼女が「終末のフール」でチン・セギョン役に扮する。中学校で技術・家庭の教師をしていたが、小惑星の衝突が知らされた後、ウンチョン市役所の児童青少年部でボランティアをし、危険にさらされている子供たちを助けるため密かに奮闘する人物だ。

世界中でブームを巻き起こしたNetflixシリーズ「地獄が呼んでいる」に出演したユ・アインは、ハ・ユンサン役を演じてNetflixと再びタッグを組む。ユンサンはセギョンの長年の恋人であり生命工学研究所の研究員で、安全なアメリカから危険地域である韓国へ戻ってきてセギョンを守る。

ミュージカル、演劇などの舞台で実力を築き、ドラマ「検事ラプソディ~僕と彼女の愛すべき日々~」「オ!サムグァンビラ」などを通じて顔を知らせたチョン・ソンウは、ウ・ソンジェ役に扮する。小惑星の衝突が発表されて以来、消えた主任神父の代わりに1日にして助任司祭になった彼は、様々な噂に混乱した心を抑えて信者の世話をする。

ドラマ「ヴィンチェンツォ」「18アゲイン」などで、個性溢れる存在感を見せつけて注目されたキム・ユネは、カン・イナ役を演じる。イナは戦闘勤務支援大隊の中隊長で、補給輸送と治安維持のため廃墟になったウンチョン市のあちこちを歩き回る。

200日後に予定された終末を控え、それぞれ違う立場に置かれた人物たちは、どのような信念と選択で人生の最後を迎えることになるだろうか。個性の強い俳優たちが繊細に描き出すキャラクターたちの心理と、終末を控えた大激変の混沌が、視聴者に新しい衝撃を与えるものと期待される。

キャストのラインナップを確定した「終末のフール」は、撮影のための後半作業に拍車をかけている。Netflixを通じて世界で独占配信される。

記者 : キム・ナラ