OH MY GIRL ジホ、初の単独グラビアでグループ愛を語る「チームワークの秘訣は会話…今はもう目だけで分かり合える仲に」

@STYLE |

初の単独グラビアであるにもかかわらず、緊張した様子もなく魅力をアピールし、撮影スタッフたちの顔をほころばせたOH MY GIRLのジホ。彼女のビタミンのような魅力は、ステージの上でより一層光を放つ。ルックスだけでなく、清らかで透き通った歌声、柔軟でパワフルなダンスなど、圧倒的な存在感で男女問わずファンを魅了している。最近、彼女はグループのスケジュールやソロ活動を並行して、7thミニアルバム名のように「Nonstop」な日々を過ごしている。

――初めての単独グラビアですが、撮影はいかがでしたか?

ジホ:1人でグラビアを撮影するのは初めてで、このようにラブリーなファッショングラビアも初めてです。普段からグラビアに関心を持っているほうなので、撮影前からワクワクしながら、試案を見て準備しました。今日撮影したベアポーシューズは、本当に柔らかくて可愛らしいと思います。グラビアもキレイに撮れていると思います。楽しく撮影できて嬉しかったです。

――Mnet「Queendom」で“Queendom最大の恩恵を受けたグループ”としてOH MY GIRLが挙がるほど、多くの支持を得ましたね。

ジホ:OH MY GIRLをもっと広く知らせる機会を作ってくれて、ありがたい番組でした。おかげで、新しい雰囲気のステージをたくさんお見せすることができました。ステージを準備しながら、アイデアを出すことができたのも良かったです。「Queendom」にもう一つ感謝していることは、良い習慣を身につけられたことです。時間がある度に他の歌手たちのステージ映像を見ながら、モニタリングするようになりました。ステージ企画やパフォーマンスなどを注意して見ながら、足りない部分を補っていこうと思っています。

――OH MY GIRLといえば、“コンセプト妖精”です。今後挑戦してみたいコンセプトはありますか?

ジホ:堂々とした姿を見せるコンセプトです。機会があれば、もっと堂々として自信溢れるOH MY GIRLの姿もお見せしたいです。

――OH MY GIRLの楽曲の中には、名曲がたくさんあります。1番愛着を持っている曲は何ですか?

ジホ:個人的に1番好きな曲は「Shower」です。普段、曲を聴く時は歌詞に集中するタイプですが、「Shower」の歌詞を聴いていると、心が和らいで気分も良くなります。初恋を思い出させる曲です(笑)。

――チームワークが良いガールズグループとしても有名ですが、固いチームワークを維持できる秘訣はなんだと思いますか?

ジホ:メンバー同士で会話をたくさんすることです。デビュー当初は、お互いについて知らなければならないので、本当に色々な会話をたくさんしました。お互いに意見の相違があったら、黙って心の中に秘めておくよりは、すぐに話して解消します。そうやって絶えずコミュニケーションして会話したら、もう言葉にしなくてもお互いのことがよく分かります。目だけ見ても分かり会える仲になりました(笑)。

――イギリスの女優オリヴィア・ハッセーさんに似ていることで有名ですね。

ジホ:MBC FM4U「正午の希望曲、キム・シニョンです」に出演した際、キム・シニョンさんに似ていると褒めていただいたおかげで、注目を集めました。あるファンの方が、私の映像をTwitterに載せて、その投稿にオリヴィア・ハッセーさんが絵文字を残してくれたんです。実感がなくて、本当にご本人なのかな? と思ったんですけど、「It's really me」と再びコメントをくださったんです。本当に光栄でした(笑)。そっくりだと言ってくれたキム・シニョンさんに、一度ごちそうしないといけませんね(笑)。

――ジホさんは美貌だけでなく、バラエティセンスも抜群ですね。

ジホ:ハハ。照れちゃいますね。バラエティ番組に出たい気持ちが強いというよりは、ファンたちと会話して交流するのが好きです。そういう姿をファンの方たちにも好評いただいているようです。バラエティだけでなく、交流できる機会があれば、何でも一生懸命にやってみたいです。最近は直接ファンの方たちと会えないので、SNSの生配信を頻繁にしながらファンとコミュニケーションしています。

――普段の自分だけの肌のお手入れや体型管理のノウハウがあったら教えてください。

ジホ:活動中はメイクしている時間が長いので、自分で肌の管理をする時間が足りなくて、食事だけでも健康的にしようと思っています。小麦粉が入ったものはあまり食べないし、辛くて刺激的なものもなるべく避けています。最近はココナッツウォーターを毎日飲んでいます。塩分を摂るのに良いらしいです。また、朝食は必ず食べるほうです。朝は食べて、夜食をやめたら、体重が減りました。また、運動としてはピラティスを着実にやっています。

――普段から尊敬しているアーティストはいますか?

ジホ:元2NE1のCL先輩とソ・テジ先輩を本当に尊敬しています。ステージを強烈で熱情的に飾る先輩たちを見ていると、カッコ良くて心臓がドキドキします。それからイ・ヒョリ先輩も本当にファンです。イ・ヒョリ先輩のステージを見ると鳥肌が立ちます。世の中に1人しかいない、代替不可能な歌手だなと、本当に尊敬しています。

――OH MY GIRLにとって、2020年はどのような1年でしたか?

ジホ:一段と成長できた年であり、もっと高く飛び上がる2021年に向けた基盤を築いたと思います。迫ってくる2021年は、今年よりもっと高く飛び上がることができるように、メンバー全員が最善を尽くす予定です。アルバムももっと充実して豊富にしたいし、OH MY GIRLが持つさまざまな姿をお見せしていきたいです。

記者 : ファン・ヨンド