イ・ドンフィ、キーイーストと専属契約を締結…今後の活動に注目

OSEN |

写真=キーイースト
俳優イ・ドンフィが総合コンテンツスタジオのキーイーストと専属契約を締結した。

本日(30日)、キーイーストのマネジメント部門代表イ・ヨンウ取締役は「代替不可能なキャラクター表現力で映画界はもちろん、ドラマなど様々な作品を通じて、自身だけの圧倒的な演技力で注目を集めてきた俳優イ・ドンフィが、キーイーストと共にすることができて非常に嬉しい」とし「感覚的なファッショニスタでもある彼が、より一層跳躍することができるよう、積極的な支援と支持を惜しまない予定だ」と明らかにした。

イ・ドンフィは2012年、イム・スンレ監督の映画「サウスバウンド」でデビュー。その後、映画「マルティニークからの祈り」(2013)、「タチャ-神の手-」(2014)、「ワンライン/5人の詐欺師たち」(2017)など、映画界で注目を集め始めた。特に「ベテラン」(2015)と「エクストリーム・ジョブ」(2019)の2作品を通じて1千万人の観客動員数を記録、代替不可能なキャラクター表現力で注目を集めた。また、2015年に韓国で放送されたドラマ「応答せよ1988」で大きな支持を受けた。

また、彼は普段から自身のSNSを通じて、素晴らしいファッションセンスで注目され、2016年には「スタイル・アイコン・アジア」(STYLE ICON ASIA、SIA)でAwesome Swagger(オーサムスワッガー)賞を受賞した。

ドラマ制作を精力的に手掛けている総合コンテンツスタジオのキーイーストは最近、イ・ドンフィをはじめ、キム・ソヒョン、カン・ハンナ、コ・アソンなど、演技力と興行力を兼ね備えた俳優たちと専属契約を続々と締結し、韓国俳優の名家の命脈をつないでいる。キーイーストと会ったイ・ドンフィが、今後どのような相乗効果を生み出すか、関心が高まっている。

イ・ドンフィは今月27日、全世界に公開されたNetflixオリジナル「ザ・コール」への出演と共に、映画「新年前夜」(監督:ホン・ジヨン)の公開を控えている。

記者 : ソン・ミギョン