東方神起 ユンホ&ASTRO チャウヌ&シン・イェウン「2020 KBS歌謡祭」のMCに抜擢!3人の組み合わせに期待

Newsen |

写真=KBS 2TV
「2020 KBS歌謡祭」が公演日を確定し、今年のテーマと共にMC陣を公開した。

12月18日に行われる「2020 KBS歌謡祭」はKBSで準備した年末最大の祝祭で、今年を輝かせた最高クラスの歌手たちが出演し、視聴者のためのプレゼントのような公演を披露する予定だ。

今年のテーマは新型コロナウイルス感染症ですべてが変わった世界で、K-POP歌手たちとファンが出会えなくなった今の状況を、“音楽”でつなげるという意味を盛り込んで「Connect」に決まった。「Connect」というテーマに合わせ、時空間を超え、様々な媒介でつながったステージと、「歌謡祭」だけで公開されるスペシャルなステージを予告した。

また毎年、ファンの心を200%満足させるMC陣を構成してきた「KBS歌謡祭」が、今回も新しいMCの組み合わせを公開し、視線を集める。

MCには“情熱パフォーマー”や“情熱マンスール”という修飾語を獲得し、人々から愛されている“K-POPシンドローム”の先頭走者である東方神起のユンホと、音楽界だけでなくバラエティとドラマまで攻略し、万能エンターテイナーとなったASTROのチャウヌ。短期間で主演の座を獲得し、次世代の期待株に名前をあげた女優シン・イェウンが抜擢され、過去最高クラスの組み合わせを完成した。

特に、シン・イェウンはKBS 2TV「ミュージックバンク」を通して安定的な司会の腕前を披露してきたため、K-POPと深い縁を誇る3人が、どんな共演で祝祭の雰囲気をリードするか、期待を高める。

抜群のプロポーションを見せつけ、グラビア職人と呼ばれるユンホと、顔天才の標本チャウヌ。制服女神、ボブヘア女神と呼ばれ、活動ポイントごとに女神という修飾語を更新しているシン・イェウンが出会い、どんなシナジー(相乗効果)を生み出すか、関心が集まる。

合わせて毎年、過去最高クラスのステージを作り出した「KBS歌謡祭」が、今年は果たしてどんなK-POPステージで視聴者を魅了するか、注目される。

・東方神起、配信限定の日本新曲「Small Talk」を本日リリース…ファンへ伝えるメッセージ

・ASTRO チャウヌ&ファン・インヨプ出演、新ドラマ「女神降臨」イケメン2人の魅力に期待高まる

記者 : キム・ミョンミ