キム・ジソク、新ドラマ「月刊家」への出演が決定…チョン・ソミンとの共演に期待

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
俳優のキム・ジソクが「月刊家」の主人公として出演を確定した。

JTBC新ドラマ「月刊家」は、家を買う(buy)男と、家に住んでいる(live)女性の“マイホームロマンス”を描いたドラマだ。本日(6日)、所属事務所であるStory J Companyによるとキム・ジソクは劇中で、不動産投資会社とリビング月刊誌「家」の代表ユ・ジャソンとして活躍する。

キム・ジソクが演じるユ・ジャソンは、自力で成功したアイコンになった本人を誇らしいと思う人物だ。“この時代の超インサ(人気者)”有名不動産の資産家であり投資専門家で、彼にとって“家(House)”はただ財産づくりの手段であり、仮眠所に過ぎないという考えを持っている、一風変わった価値観の持ち主だ。徹底したスケジュールに合わせて生きる人物であるほど、キム・ジソクが見せるギャップのある変身に期待が集められる。

特に徹底したスケジュールに合わせて生きるユ・ジャソンの人生と正反対の人生を生きている、エディターのナ・ヨンウォン役のチョン・ソミンと披露するケミ(ケミストリー、相手との相性)にも関心が集められる。これまで特有の優しい眼差しとロマンチックな魅力で“ラブコメディー職人”であることを証明したキム・ジソク、今回もチョン・ソミンとの予告不可能なロマンスでもう一度女心をときめかせるとみられる。

キム・ジソクは前作tvN「(知っていることはあまりないけれど)家族です」で“家族のような他人、他人のような家族”という文句の唯一の“他人”として特別な存在感をアピールした。少しずつ変わっていく感情を、無情で繊細な演技で表現し“国民の男友達”、“ワナビー彼氏”という修飾語を手に入れ、信じてみることのできる俳優を証明した彼が、この作品ではまたどんな姿で視聴者の心をとらえるのか注目が集められる。

キム・ジソク主演のJTBC新ドラマ「月刊家」は、韓国で来年の上半期に放送される予定だ。

記者 : キム・ミリ