イ・ビョンホン「第25回春史映画祭」で主演男優賞を受賞…共演者に感謝“1人で受賞して申し訳ない”

Newsen |

写真=「春史映画祭」
イ・ビョンホンが「春史映画祭」主演男優賞を獲得した。

映画「南山の部長たち」に出演したイ・ビョンホンは6月19日に開かれた「第25回春史映画祭」で主演男優賞を受賞した。

イ・ビョンホンは、「『南山の部長たち』で、2度目の大きな栄光を手にした」と切り出した。

イ・ビョンホンは「候補に挙がった俳優たちの演技はみんな素晴らしかった。『南山の部長たち』の共演俳優たちに良い影響を受けたが、1人で賞をもらって申し訳ない気持ちもある」と話した。

さらに、「長い間、厳しい時期を送っている中、このような栄光がやってきて、さらに感謝している。休んでいたが、今は久しぶりに映画『非常宣言』を慎重に撮影している。この状況が終わり、映画館で観客と会えることを願う」と伝えた。

韓国映画監督協会が主催し、Vector comが主管する春史映画祭は、韓国映画のパイオニアである春史ナ・ウンギュさんを称えるために1990年代から開催されている。今年は新型コロナウイルス拡散防止のため、無観客・オンラインで開催した。

記者 : パク・アルム