Wanna One出身オン・ソンウ&キム・ヒャンギら出演、ドラマ「十八の瞬間」来年2月より衛星劇場にて日本初放送

KSTYLE |

(C) Jcontentree corp & JTBC Content Hub Co., Ltd. all rights reserved.
Wanna One出身オン・ソンウが俳優デビュー作にして初主演を務めた心温まる学園青春ドラマ「十八の瞬間(原題)」を、2月26日(水)から日本初放送することが決定した。

危なっかしくて未熟な“プレ青春”の世界をありのままに覗きこみ、彼らの人間関係の中で起こるあらゆる誤解と嫉妬、憎しみ、心がはちきれそうな恋、誰もが経験する18歳の瞬間をリアルに描く。韓国で観客1千万人を超えた大ヒット映画「神と共に」のキム・ヒャンギ、2019年韓国で一番話題になったウェブドラマ「A-TEEN」のシン・スンホ、子役出身で現在はASTROのメンバーとして活躍中のムンビン、ウェブドラマ「セブンティーン」で人気を集めた“1億ビュー俳優”ことキム・ドワンなど、韓国で今注目の若手俳優たちが総出演した話題作。

■放送概要
「十八の瞬間(原題)」
「衛星劇場」にて2020年2月26日(水)より日本初放送!
毎週(水) 午後11:00~深1:30 ※2話連続放送

【キャスト】
Wanna One出身オン・ソンウ / キム・ヒャンギ / シン・スンホ / カン・ギヨン / KARA ヨンジ / ASTRO ムンビン

演出:シム・ナヨン
脚本:ユン・ギョンア
2019年 / 韓国JTBC / 全16話

<あらすじ>
ジュヌ(オン・ソンウ)は私生児で、母とも離れて生活している18歳の少年。彼は学校で校内暴力の加害者と誤解されてしまったことが原因で新しい学校へ強制的に転校させられてしまう。しかし転校先の学校でも絶対権力者のような学生フィヨン(シン・スンホ)の策略で、腕時計泥棒と誤解されてしまう。どうなっても構わない人生だと思い、誰にも心を許さなかったジュヌだが、新しい転校先で過ごしていく中で、初恋のスビンと大切な友達、そして若い教師ハンギョルのおかげで少しずつ成長し、生きる意義を見つけていく。

■関連リンク
衛星劇場:https://www.eigeki.com/

記者 : Kstyle編集部