AB6IXからBDCまで…BRANDNEW MUSIC、年末ファミリーコンサートが盛況裏に終了!スペシャルなコラボステージも

OSEN |

写真=BRANDNEW MUSIC
BRANDNEW MUSICが年末ファミリーコンサート「BRANDNEW YEAR 2019」を盛況裏に終えた。
BRANDNEW MUSICは14日、高麗(コリョ)大学ファジョン体育館で「BRANDNEW YEAR 2019」を開催し、所属事務所を代表するアーティストたちが総出動して、多彩な音楽と華やかなパフォーマンスが合わさったステージで、観客を熱狂させた。

BRANDNEW YEARは毎年、BRANDNEW MUSICを輝かせた所属アーティストたちの代表曲のステージをはじめ、アーティスト間の様々なコラボステージを披露して“信頼して見るレーベルの公演”という評価を受けてきたが、今年もいつにまして見どころ満載のステージで、ファンから過去最高のステージだったという賛辞を得た。

DJ JUICEの華やかなオープニングパフォーマンスでスタートを切った「BRANDNEW YEAR 2019」は、12日に発売されたBRANDNEW MUSICの団体曲「LOOK GOOD」でさらに雰囲気を盛り上げた。続いて登場したBUMKEYは、BDCのホン・ソンジュンと一緒に披露した「October Sky」のステージを披露し「LALALA」「HOLLYHOOD」、そしてKantoがサプライズ登場した「Attraction」まで、新曲とヒット曲を相次いで歌い、客席を熱く盛り上げた。YenjaminとGREEも、自身たちの代表曲である「HOLA」「Pull up!」、そして「Ding Dong Ditch」「NINETEEN」を熱唱して、覇気あふれるステージを披露した。

続いてステージに上がったKantoは「Rain DDuk」に続き、サプライズリリースした新曲「突然」、そして自身の代表曲「Salty」「What You Want」をダンサーたちと一緒に華やかなパフォーマンスで披露して注目を集めた。Kebeeの不参加で一人でステージに上がったEluphantのMinosのマイノスは「Rap人間型」「I Need A Beat」など、爆発的なソロステージを披露した。特に、カン・ミンヒとAB6IXのイム・ヨンミンが一緒に歌った「Winter Rain」は、観客たちの熱い歓声を浴びた。久しぶりにステージに上がったKittiBは「Anymore」「魔女」に続き、デビュー曲「I'm Her」まで、女性ダンサーたちと強烈なステージを見せ、存在感を見せつけた。

今年デビューした新人アイドルユニットBDCは「DA CAPO」「GO GET HER」「REMEMBER」で、初々しくもエネルギーあふれるステージを見せ、BRANDNEW MUSICのサブレーベルであるBRANDNEW A所属のYODAYOUNGとVincent Blueは、それぞれ「片思い」「Cloud」「暗雲」、そして「Stupid」「It's Raining」を歌い、熱くなった雰囲気の中、落ち着いた感性を加えた。特に、Vincent Blueの「It's Raining」のステージはAB6IXのキム・ドンヒョンがサプライズ登場してコラボを披露した。続くスペシャルキャロルステージで、AB6IXのイ・デフィとBDCのユン・ジョンファンがVincent Blueと一緒にサプライズサンタに変身し、観客にプレゼントを配る珍しい風景を演出した。KittiB、YODAYOUNG、カン・ミンヒも「Santa Tell Me」を熱唱して、近づいてくるクリスマスを祝うプレゼントを配った。

「Curse」「Open Ending」「君を離したことはない」と伸びのある歌唱力を誇ったカン・ミンヒのステージに続き、ヤン・ダイルはAB6IXのチョン・ウンとコラボした「lie」を皮切りに「won't you say it」「Tonight」「告白」で観客を熱狂させた。AB6IXは「BREATHE」で華やかに登場し「BE THERE」「LOVE AIR」「BLIND FOR LOVE」まで、目の離すことができないステージで会場をファンの歓声で満たした。

BRANDNEW MUSICの長男Verbal Jintは最後のラインナップとして登場し「4am」「始発点」「You Look Good」「肯定の力」など、ヒット曲メドレーを披露してベテランの一面を見せた。続いてアーティストたちのサプライズ挨拶映像と共に、アンコールステージをこなした「BRANDNEW YEAR 2019」は、12日にリリースされたBRANDNEW MUSICの団体曲「MELTING」に続き、BRANDNEW MUSICの代表的な団体曲「Brand New Day」を参加した全アーティストたちが一緒に歌い、4時間近くも続いた「BRANDNEW YEAR 2019」のフィナーレを飾った。

過去最高のステージで年末を熱く盛り上げた「BRANDNEW YEAR 2019」は、今回の公演を通じて発生した収益金全額を貧困層青少年団体など寄付するという。

記者 : カン・ソジョン