INFINITE ウヒョン、ミュージカル「その日々」初演を盛況のうちに終了…圧倒的な実力で観客を魅了

OSEN |

写真=Woollimエンターテインメント

INFINITEのウヒョンが韓国を代表するミュージカル「その日々」の初演を盛況のうちに終了した。

23日、ミュージカラル「その日々」ソウル公演でウヒョンは、初めての舞台を成功のうちに終え「さすがウヒョン」という賛辞を浴びた。

ウヒョンが演じるムヨン役は、余裕やウィットの溢れる自由奔放さを表すとともに、優れた頭脳や腕をもったセキュリティとしてのたくましさも見せてくれる。愛する女性を最後まで守り続けるムヨンの本音を演じる目つきは「心スティーラー」と言っても過言ではない。

ミュージカル「その日々」は青瓦台の警護室を背景に、過去と現在を行き来しながら20年前に消えた「その日々」のミステリーな事件を故キム・グァンソクの珠玉のような曲と共に描いた。2013年初演当時から好評を受け、数年間観客と会っている。

INFINITEのメインボーカルとして、豊かな音色や清々しく男性的な高音の歌い方を持っているウヒョンは、自身の真価をミュージカル「その日々」を通じて存分にアピールした。

2012年「光化門恋歌」を皮切りに、「I Love You」「バーナム(BARNUM):偉大なショメン]」まで着実に経歴を積んできた彼は、今回「その日々」を通じて演技と歌の実力を爆発させ、「ナム・ムヨン」という修飾語を作り上げた。

舞台の最後、多くの観客はウヒョンの演技や歌に涙を流し、拍手喝采を惜しまなかったという。

最後の舞台を終えてからウヒョンは所属事務所を通じて「練習しながら自分が演じる『ムヨン』役をどうすれば観客が楽しく舞台を楽しむことができるか、悩んだ。観客が自分の演技や歌を通じて『ムヨン』というキャラクターを十分に共感してくれたら嬉しい」と話した。

ウヒョンが「ムヨン」役を演じているミュージカル「その日々」は5月6日(月)まで、ソウルブルースクエア・インターパークホールにて公演される。

記者 : キム・ウネ