“本日最終回”「PRODUCE 101 JAPAN」練習生を応援してくれたすべての人に贈る感謝ソングを初披露へ…いきものがかり「さよなら青春」をカバー

KSTYLE |

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
12月11日(水)に、日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となる日本発の“サバイバル”オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の最終メンバー11人が、TBS系列(全国ネット・夜7時)の特番生放送中に選出される。そして、この最終回(#12)で練習生が最後に歌唱するバラード課題曲に、いきものがかりの新曲「さよなら青春」が決定した。

最終回のFINAL曲となる「さよなら青春」は、第70回NHK紅白歌合戦へ出場するいきものがかりの最新アルバム「WE DO」(12/25発売)に収録されている新曲で、いきものがかり水野良樹さんが作詞・作曲した作品だ。水野さんが練習生たちの想いを汲み取り、提案してくださった作品は、「さよなら青春」(PRODUCE 101 JAPAN バージョン)ならではの魅力が存分に織り込まれた名曲。出演する20名の練習生が、最後まで自分達を応援していただいた国民プロデューサーの皆さん、国民プロデューサー代表のナインティナイン、プロフェッショナルとしての基礎を教えてくれたトレーナー、番組制作スタッフなど、このプロジェクトに関わるすべての人へ感謝の気持ちを込めて贈るバラード曲を初披露する。

応募総数約6,000人の中から101人が選ばれ、今年9月末から番組がスタートし、出会いと別れを繰り返しながらダンスバトル、コンセプトバトルなど数々のミッションを経て、遂に11人のグローバルで活躍するボーイズグループが誕生する。

果たして勝ちに残るのはどの練習生か、生放送中に決まる最後の投票をリアルタイムで体感しながら、新しいグループが誕生する瞬間を確認してほしい。また、当日はテレビ放送終了後、夜9時からは無料動画配信サービスの「GYAO!」にて、デビューが決定した11人が出演する独占LIVE配信が行われる。

■いきものがかり 水野良樹さん コメント
「自分たちいきものがかりも、これまでの活動のなかで様々な出会いと別れがありました。「PRODUCE 101 JAPAN」で世に飛び立つチャンスをつかもうとしているファイナリストの皆さんも、ともに戦った仲間たちや応援してくれるひとたちとの出会いと別れを、もうすでに、いくつか通り過ぎていると思います。
このファイナルの先にたとえどんな未来が待っていても、きっとそれらは何度も繰り返されます。そしてそのたびに皆さんは、様々な人々から想いを託されてより素晴らしいアーティストに進化していくのだと思います。
この歌は、今回の楽曲制作のご依頼をいただく前に、未来へと踏み出す覚悟を込めて自分たちが書いていた歌でした。
歌がすばらしいのは、誰もが主人公になれることです。ここまで頑張り続けてきたファイナリストの皆さんだからこそ、この歌を口にしたときに、見える景色があるんじゃないか。そう思って、あえて、この楽曲を提案させて頂きました。
ファイナルは終わりではないのだと思います。今日が始まりです。これまでの日々に胸を張って、ぜひ前を向いてください。答えは前にしかありません。
皆さんが力強く未来を歩んでいかれることを、心から祈っています。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT

■番組詳細
「PRODUCE 101 JAPAN」
放送日時:最終回 12月11日(水)夜7時00分~夜9時00分
放送局:TBS系列(全国ネット)
【出演】
国民プロデューサー代表:ナインティナイン
トレーナー:A-NON、サイプレス上野、菅井秀憲、Bose、安倉さやか、WARNER ※五十音順
PRODUCE 101 JAPAN 練習生 ほか

■関連リンク
公式サイト :https://produce101.jp/

記者 : Kstyle編集部